【ああ、私の幽霊さま】カリスマシェフと見習いシェフが繰り広げるラブコメディ!

私の幽霊さまトップ

この記事では、【ああ、私の幽霊さま】カリスマシェフと見習いシェフが繰り広げるラブコメディ!と題し、【ああ、私の幽霊さま】(全24話)のあらすじやキャストを紹介していきます。

このドラマの見どころは、実質1人2役を演じるパク・ボヨンさんの演技力でしょう。

パク・ボヨンさん演じるボンソンは、霊媒体質にあり幽霊たちからの要求や憑依によって眠れない日々を過ごしています。

ボンソンは憧れのシェフのレストランで見習いとして働いています。

密かにシェフに恋心も抱いていましたが超消極的なボンソンは自分が思っている事の半分も口に出せない系の女子でした。

そんなある日、ある目的を持った超積極的な幽霊スネ(キム・スルギ)がボンソンに憑依します。

目次

韓国ドラマ【ああ、私の幽霊さま】の主なキャスト

私の幽霊さま相関図
画像引用元:http://www.kandera.jp/sp/yurei/

ナ・ボンソン 役・・・パク・ボヨン

カリスマシェフが経営する『サンレストラン』の調理補助として仕事をしている。内向的な性格でシェフにカン・ソヌに憧れているが、遺伝的に霊感が強い体質の為、慢性的に寝不足。

そのため、職場でも寝不足でぼーっとするので失敗も多く、シェフにはいつも叱られています。

ある日を境に、超積極的な幽霊に憑依されるようになり悩みながらも、その幽霊のおかげで恋が成就しかける?

-パク・ボヨン-
1990年2月12日 忠清北道曽坪郡生まれ。BHエンターテインメント 所属
2020年の2月に現在の事務所に移籍しました。デビューはドラマ【秘密の校庭】で、同じくこの作品がデビュー作だったイ・ミンホさんが演じたキャラクターを好きになるという役どころでした。
韓国の女優としては158cmと小柄で、性格的に合わないという理由からSNSなどはやっていない様です。
2019年末頃に腕のケガの治療の為に休養期間に入っていましたが、約1年の休養期間を経て現在は復帰しています。
最新作は、2021年に放送予定のtvN新ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」でソ・イングクさんと共演します。

≪主な出演作品≫
【秘密の校庭】、【王と私】、【必殺! 最強チル】、【スターの恋人】、【力の強い女 ト・ボンスン】、【アビス】

カン・ソヌ 役・・・チョ・ジョンソク

『サンレストラン』を経営するカリスマシェフ。自信過剰でナルシストな性格。

ボンソンが密かに運営しているレシピブログのファンで、愛読している。

-チョ・ジョンソク-
1980年12月26日 ソウル特別市生まれ。JAMエンターテイメント 所属 日本公式サイト
チョ・ジョンソクさんがドラマや映画に出演しはじめたのは2011~2012年頃ですが、それ以前はミュージカル俳優として活躍していました。2004年に舞台デビューし、ミュージカル界ではスター俳優でした。
当然、歌の上手さにも定評があり、本作での歌唱シーンも見どころの一つです。
プライベートでは、2018年に歌手のGUMMYさんと結婚し、2020年8月に第一子となる女児が誕生しています。

≪主な出演作品≫
【What’s Up】、【最高です! スンシンちゃん】、【嫉妬の化身】、【トゥー・カップス〜ただいま恋が憑依中!?〜】、【知ってるワイフ】、【緑豆の花】、映画【建築学概論】、映画【麻薬王】、映画【EXIT イグジット】、【賢い医師生活】

シン・スネ 役:キム・スルギ

ナ・ボンソンに憑依する幽霊。

良きせずこの世を去ったスネは、成仏できずにこの世を彷徨っていた。成仏するためにボンソンの身体を借りて思い残した事を達成させるついでに、ボンソンの恋を成就させようと手助けするが、自分もカン・ソヌを好きになってしまう。

そして、自分が成仏できない本当の原因、死の真相を知る事となります。

-キム・スルギ-
1991年10月10日 釜山広域市生まれnoon company 所属
アメリカの深夜コメディーショー『SATURDAY NIGHT LIVE』の韓国版で2011年にスタートした『SNLコリア』のホスト役でデビューしました。『SNLコリア』のシーズン1~シーズン4のホストを務めました。
数々のドラマを中心に活躍している女優さんですが、コミカルな演技に定評がある女優さんです。

≪主な出演作品≫
【オレのことスキでしょ。】、【となりの美男】、【キレイな男】、【ウォンニョ日記】、【知ってるワイフ】、【ポンダンポンダン 王様の恋】、【最後から二番目の恋】、【雲が描いた月明り】、【恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ】、【三つ色のファンタジー恋する指輪】、【番人〜もう一度、キミを守る〜】、【欠点ある人間たち

チェ・ソンジェ 役・・・イム・ジュファン

カン・ソヌの妹のウニの夫で警察官をしている。

一見、善良な人間に思えるソンジェでしたが、妻や家族にも秘密にしている事があるようです。

-イム・ジュファン-
1982年5月18日 ソウル特別市生まれブロッサムエンターテインメント所属
高校時代に演劇部に所属し演技に興味を持ったイム・ジュファンさんは演技の道を志し大学の演劇映画科に進みます。元々、身長も186cmと高くスタイルもルックスも優れていたため、大学時代にモデル活動をするきっかけがあり、2002年に雑誌のモデルとしてデビューしました。その後、俳優としては2004年に【マジック】でデビューしました。
優しそうな顔立ちですが、意外と悪役を演じる事も多い俳優さんです。

≪主な出演作品≫
マジック】、【雪の女王】、【純潔なスニ】、【シングルパパは熱愛中】、【総合病院2】、【花より男子〜Boys Over Flowers】、【タムナ 〜Love the Island〜】、【輝くか、狂うか】、【ハベクの新婦】、【私を愛したスパイ

その他の出演者

  • イ・ソヒョン 役:パク・チョンア・・・テレビ局のPDをするソヌの大学時代からの友人で、夫とは死別している。今はソヌに片思い中。
  • カン・ウニ 役:シン・ヘソン・・・ソヌの妹でレストランの受付をしている。交通事故により足が不自由だが警察官のソンジェと結婚し、幸せな生活を送っている?
  • ホン・ミンス 役:カン・ギヨン・・・『サンレストラン』のスーシェフ
  • チョ・ドンチョル 役:チェ・ミンチョル・・・『サンレストラン』の料理人
  • ソ・ジュン 役:クァク・シヤン・・・『サンレストラン』の料理人でボンソンを気にかけている
  • チェ・ジウン 役:オ・ウィシク・・・『サンレストラン』の料理補助
  • チョ・ヘヨン 役:シン・ウンギョン・・・ソヌとウニの母親で大学教授
  • シン・ミョンホ 役:イ・デヨン・・・スネの父親で食堂経営をしている
  • シン・ギョンモ 役:イ・ハクジュ・・・スネの弟
  • ソビンゴ 役:イ・ジョンウン・・・スネを見守る霊媒師でソヌの母親も懇意にしている

韓国ドラマ【ああ、私の幽霊さま】のあらすじ

『サンレストラン』で見習いとして働くボンソン(パク・ボヨン)は、超内気でボォーっとしている事も多い為、他の従業員たちからは、半ば厄介者扱いされからかわれています。

ボンソンは霊的能力のあった祖母の血を引き継いでいる為、人には見えない者が見えてしまう体質でした。

いつも幽霊に脅かされて夜眠る事も儘ならない状態で常に寝不足でした。

その事が普段の仕事や生活にも支障を来たしていたのです。

ボンソンは窓もない質素な部屋に暮らしていましたが、厄除けに焚いていたお香を家主に「火事になるから」と咎められ、部屋を追い出されてしまいました。

更には働く『サンレストラン』でも憧れのシェフのソヌ(チョ・ジョンソク)にキツイダメ出しをされ、辞表を置いて店を去ります。

ところが、抜けているボンソンは店の食材倉庫の鍵を持ったまま店を後にしてしまったのです。

一方、なかなか成仏できずにこの世を彷徨っている幽霊のスネ(キム・スルギ)は、自分を捕らえていた霊媒師・ソビンゴ(イ・ジョンウン)の元から抜け出し、ソビンゴから逃げていました。

そんな時にボンソンを見かけスネはボンソンに憑依しました。

翌朝、『サンレストラン』では食材倉庫の鍵が見つからなくて従業員たちが「このままじゃ営業できない」と大騒ぎでした。

鍵を持っているであろうボンソンを探しに街中を探し回ります。

従業員たちがボンソン(スネが憑依した状態)を見つけ出し『サンレストラン』に連れ帰ると、なんだかボンソンがいつもと様子が違う事に戸惑う従業員たち。

それまで、内気で喋り方もモゴモゴとしていたボンソンが滅茶苦茶明るく口数の多いキャラクターになった事に驚きます。

スネはボンソンの身体から出ようと思ったのですが、抜け出す事ができませんでした。

以前、ソビンゴから「波長が合う人間に入ったら自分では抜け出せなくなるよ」と言われた事を思い出します。

「おかしな状況に巻き込まれちゃったな」と思いながらも、「案外、この状況も悪くないかもしれない」とニンマリするスネです。

スネには、生前の記憶がありませんでした。

ですが、この世にやり残した事があるから成仏ができないという事はわかっていました。

スネは「やり残した事は男と寝て昇天する事!」だと思っていたので、街でめぼしい女性に憑依しては男漁りする日々を送っていました。

しかし、男たちは彼女とキスした途端に低体温状態になり失神してしまうのでなかなか目的が達成できません。

そんな事を繰り返しているうちにソビンゴに捕まり囲われていたのです。


幽霊となってからタイムリミットがくるまでに成仏できないと悪霊になってしまう為、ソビンゴはスネが悪霊にならない様に見守っていたのでした。

スネがやり残した事を達成すれば自然に成仏する事ができるのですが、できなければソビンゴの手で成仏させる必要があったからです。

スネは自力でボンソンの身体を抜け出す事はできませんでしたが、何かの拍子で抜け出しまたボンソンの身体に憑依する事を繰り返します。

別の人格になるようなボンソンを従業員たちは訝しく思い、ソヌは自分がキツくあたったせいで精神を病んでしまったと思いボンソン病院に連れていきました。

医者の診断はストレスによる双極性障害で、ソヌは自分の言動を反省しボンソンを気遣うようになります。

ソヌはドジで要領が悪いボンソンにイライラしていましたが、その反面で放っておけずにいました。

なぜならば、今でこそカリスマシェフと呼ばれているソヌもかつては同級生たちからからかわれイジメられていたからです。

ボンソンが料理の才能を持っている事に気づいてからは、特にもどかしく思っていました。

ドジで要領の悪いボンソンの時もあれば、物凄い積極的に自分を誘惑してくるボンソンにソヌは戸惑いながらも惹かれていきました。

ボンソンは正気に戻ると元の自信のないボンソンになり、ソヌが自分を気遣ってくれるのは自分ではなくスネに惹かれているからだと思って落ち込みます。

そんな時にソヌに想いを寄せる存在が別に現れ、ボンソンには「ソヌを奪われたくない」という気持ちが芽生えます。

ボンソンはスネを探し出し自分に憑依してソヌを誘惑してくれるようにお願いし、スネも自分の目的を達成させる為にそれを承諾します。

そうして、ボンソンとスネは協力し合う事にしました。

ボンソン(スネ)とソヌは順調に恋愛モードに発展していき、いよいよスネはソヌと昇天して成仏できるかも!?な状態になってきましたが、ソヌはボンソンを大切にしたいとなかなか関係に及びません。

ゆっくりと進み、ソヌの優しさに触れるうちにボンソンの中のスネもソヌに好意を抱くようになります。

仮にスネがソヌと寝る事に成功すると、自分は成仏する事になりソヌとも別れる事になります。

ソヌとの別れが惜しくなったスネですが、死んでから3年のあいだに成仏できないと悪霊と化す事を聞かされていたので葛藤します。

ソビンゴもなかなか成仏しないスネを心配していました。

一方でスネは自分の生前の記憶を徐々に思い出していました。

スネはずっとソンジェ(イム・ジュファン)という警察官に片想いをしていたのですが、ソンジェはスネが死んでから記憶を取り戻すまでの間に、ソヌの妹のウニ(シン・ヘソン)と結婚したようでした。

その事にスネははじめショックを受けましたが、どうやら自分の死にはソンジェが大きく関わっている様な気がしています。

ソンジェと結婚したウニは元々ダンサーをしていましたが交通事故によってダンサー生命も絶たれ、車椅子生活を余儀なくされました。

ひき逃げという形で未だ未解決の事件でしたが、優しい夫ソンジェに愛され幸せでした。

しかし、密かに事故を継続して調べていたソンジェの上司はもしかしたら犯人はソンジェかもしれないと疑っていました。

断片的に記憶を取り戻していたスネは、自分の死因が自殺という事になっている事にも疑問を持ちます。

どうやって死んだのか全く記憶がありませんでしたが、自分が誕生日の一週間前に自殺するなんて絶対にないとスネは思っていました。

自分が死んだことで食堂を経営していた父親は気力を失って心配な状態で、自分の死因を究明する必要があると思います。

霊媒師のソビンゴを懇意にしていたソヌたちの母親は、娘のウニに子供が授からない事やソヌが結婚しない事を相談する為にソビンゴを自宅に呼んでいました。

偶然に、ウニの夫であるソンジェを見かけたソビンゴはソンジェの中に潜むとてつもなく邪悪な存在を感じます。

ソンジェの中に潜む存在がわかったところでウニの事故そしてスネの死が一本の線で繋がっていきます。

ソヌとボンソンのラブストーリーが進む一方で、幽霊や悪霊といったファンタジー要素を含みながらサスペンスストーリーも展開していくというなかなか複雑な物語です。

笑いあり、涙あり、そしてラブのドキドキとサスペンスのドキドキが終始続きます。

スネ役のキム・スルギさんはコメディエンヌとして定評のある女優さんですが、本当にそのスネが憑りついたかのようなボンソン役のパク・ボヨンさんの演技が凄く良かったです。

事実を知り戸惑う時のチョ・ジョンソクさんの表情の演技も流石です!

全ての事に片が付き、ボンソンは海外に修行に出かけますが、連絡もなかなかくれないボンソンをソヌはひたすら待ちます。

やっと帰ってきたボンソンとソヌのラストのラブラブなシーンはとても微笑ましいです。

【ああ、私の幽霊さま】を視聴できるおすすめサービス(2021年6月末現在)

  • U-NEXT・・・月額 2,189円(税込)/無料トライアル31日間

見放題プラン内で【ああ、私の幽霊さま】を視聴する事ができます。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTまたは、その他のサイトにてご確認ください。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる