【ポンダンポンダン 王様の恋】ユン・ドゥジュンとキム・スルギ主演の史劇ラブコメディ

ポンダンポンダントップ

「韓国ドラマって面白そうだけど、長いよね?」と敬遠がちな初心者さんにおすすめな作品を紹介します。

韓国ドラマといえば数々の秀逸なラブコメがありますが、今回紹介する【ポンダンポンダン 王様の恋】はざっくり言うと、女子高生が朝鮮王朝時代にタイムスリップし、王様と恋におちてしまうお話です。

各VODサービスでは全10話で配信しているところが多いですが、1話あたり15分と言う短さなので、全部見終わっても映画1本を見る感覚の長さなのでとても見やすいです。

【ポンダンポンダン 王様の恋】のおすすめポイントは、HIGH LIGHTのユン・ドゥジュンさんの王様姿がイケてること、そして相手役のキム・スルギさんのコメディエンヌっぷりが最高なこと、もう一つはアン・ヒョソプさんのデビュー作である事です。

パロディーもあったりしてとても楽しい作品なんですが、歴史に絡めた物語もしっかりしていて、さらにはキュンキュンする切なさも味わえる作品です。

「ポンダンポンダン」とは、日本語だと「ぽたぽた」という感じで、水が滴り落ちるときの擬音です。

それでは、韓国ドラマ【ポンダンポンダン 王様の恋】のキャストとあらすじを紹介していきましょう。

目次

韓国ドラマ【ポンダンポンダン 王様の恋】の主なキャスト

世宗 役・・・ユン・ドゥジュン

朝鮮王朝時代の若き王。

日照り続きで作物が育たず、更には疫病が流行り迷信だけでは民を救えないと悩み、学者らを動員して降雨を予測しようとするがうまくいっていない。

-ユン・ドゥジュン-
1989年7月4日 京畿道高陽市生まれ。Around USエンターテインメント 所属 HIGH LIGHT 日本公式ファンクラブ
2009年にボーイズグループ『BEAST』のメンバーとしてアイドルデビュー。2016年にそれまでの事務所を離れ、2017年からは『HIGH LIGHT』に改名して新事務所を立ち上げ再始動。
芸能人が招集された芸能人バトミントン同好会が全国大会を目指す新バラエティ番組『ラケットボーイズ』への出演が決定しました。
また、映画【正直な候補2】にも出演します。

≪主な出演作品≫
【まるごとマイ・ラブ】、【アイリス2】、【ゴハン行こうよ】、【ゴハン行こうよシーズン2】、【ポンダンポンダン王様の恋】、【キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~】、【ラジオロマンス〜愛のリクエスト〜】、【美味しい初恋 ~ゴハン行こうよ~】

チャン・ダンビ 役・・・キム・スルギ

現代に生きる数学が苦手な女子高生。

勉強も苦手で他に取り柄のない事に悲観し、大学入学試験の当日、重圧に耐え切れずに逃げ出してしまう。

しかし、彼女が逃げこんでしまった先は予想だにしない場所でした。

-キム・スルギ-
1991年10月10日 釜山広域市生まれnoon company 所属
アメリカの深夜コメディーショー『SATURDAY NIGHT LIVE』の韓国版で2011年にスタートした『SNLコリア』のホスト役でデビューしました。『SNLコリア』のシーズン1~シーズン4のホストを務めました。
数々のドラマを中心に活躍している女優さんですが、コミカルな演技に定評がある女優さんです。
2021年に放送された【しっ!あいつをお願い】に主要キャラクターで出演しています。

≪主な出演作品≫
【オレのことスキでしょ。】、【となりの美男】、【キレイな男】、【ウォンニョ日記】、【知ってるワイフ】、【ああ、私の幽霊さま】、【最後から二番目の恋】、【雲が描いた月明り】、【恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ】、【三つ色のファンタジー恋する指輪】、【番人〜もう一度、キミを守る〜】、【欠点ある人間たち】、【ハイバイ、ママ!】、【その男の記憶法

昭憲王后 役・・・チン・ギジュ

世宗の后。

元々、仕事熱心でクールな世宗がダンビと楽しそうにしているのを見て寂しい思いをしている。

-チン・ギジュ-
1991年10月10日 ソウル特別市生まれFL ENT 所属
2014年にスーパーモデル選抜大会にてオリビアローレン賞を受賞して芸能界にデビューしました。
2015年にチェ・ジウ主演の【2度目の二十歳】で女優デビューし、さまざまな作品に出演しています。
出演した2021年公開の映画【ミッドナイト】は、「第25回ファンタジア国際映画祭」で観客賞を受賞しています。

≪主な出演作品≫
【2度目の二十歳】、【もう一度ハッピーエンディング】、【グッドワイフ】、【仮面の王イ・ソン】、【ミスティ】、【ここに来て抱きしめて】、【初対面だけど愛してます】、【オー!サムグァンビラ】、映画【ミッドナイト】

ヨン 役・・・アン・ヒョソプ

朝鮮時代の非正規役人である遞兒職だが、元は奴婢(ノビ)の身分だった。

ダンビの携帯を拾った事から、ダンビを王の元へ連れて行きそれを利用して更に高い地位を得るつもりだったが、利用としたダンビが思いのほか善人だという事に気づき考えを改める。

-アン・ヒョソプ-
1995年4月17日 ソウル特別市 江南区生まれ。スターハウスエンターテインメント 所属
7歳の頃に家族でカナダに渡り、17歳の頃までカナダで過ごした帰国子女です。2015年に俳優デビューし、2016年に出演したチソンさん主演の「タンタラ~キミを感じてる~」に生意気なアイドル役で出演した事で注目される様になりました。
帰国当初は歌手としての活動を考えていたのでJYPの練習生として過ごした時期もあったそうです。

≪主な出演作品≫
【ポンダンポンダン王様の恋】、【もう一度ハッピーエンディング】、【タンタラ】、【恋する指輪】、【30だけど17です】、【アビス】【トップマネジメント】、【浪漫ドクターキム・サブ2】、【ホンチョンギ】

韓国ドラマ【ポンダンポンダン 王様の恋】のあらすじ

高校三年生のダンビ(キム・スルギ)は、大学受験を控えているにも関わらず勉強には身が入らない日々を送っていました。

かといって他に打ち込む物があるわけでもなく、母親には毎日小言を言われて過ごしていましたが、大学受験の当日、受験会場に行ったものの発作的に踵を返したダンビは、行くアテもなく公園を歩いていました。

目の前の水たまりを見つめながら「どうか一度だけ、消えさせてください」とそんな風に願いながら吸い込まれるように水たまりの中にジャンプします。

水たまりにズブズブと吸い込まれたダンビが水中から顔を出すと、目の前には理解しがたい光景が広がっていました。

そこは朝鮮王朝時代、王宮に王様と臣下たちが日照り続きで雨を降らせようと雨乞いをしている最中でした。

ダンビが顔を出したのは雨乞いの儀で据えられた水瓶です。

ダンビは、目の前に史劇で登場する役人たちが沢山並んでいるのを見て、驚きながらも「時代劇の撮影中ですか!?」と尋ねます。

一方の王様・世宗(ユン・ドゥジュン)は、これまで見た事もない出で立ちの唐突すぎる登場に驚きのあまり、「人なのか?鬼なのか?正体はなんだ!?」とかなり取り乱している様子です。

ダンビが「私は高3(コサム)です!」と答えると、「えっ!宦官(コサム)なのか!」と王様と臣下たちは慌てます。

宮中に恨みを持ち忍び込んで王様に近づいたと思われたダンビは周りの臣下たちに一斉に剣の刃先を向けられます。

ダンビは時代劇の撮影ではない事を察し、見た事のある時代劇を真似て「天の子」のフリでその場を凌ぎ、隙を見て逃げ出しました。

世宗王は、ダンビを見つけ出し確保する事を命じます。

王様たちは、雨乞いをしている途中でしたが、世宗王自身は祈りや迷信に頼らず算学を用いて天気を予測していく事が大事だと臣下たちに告げますが、臣下たちは受け入れません。

王宮を駆け巡ったダンビは途中で落としてしまったスマホを探していると、世宗王の護衛であるヨン(アン・ヒョソプ)に見つかり、世宗王の元に連れて行かれてしまいました。

ダンビと共に差し出された携帯を見た世宗王は、見た事もないスマホを持つダンビをますます怪しんでいます。

そんな世宗王にヨンは「何も出来ないように片腕を切り落としてはいかがでしょう?」という提案をします。

手を切られそうになったダンビは焦って「わ、私は未来からやってきました。算数なら得意です!」と出まかせを並べました。

算学を知りたかった世宗王は「それは、ほんとうか?私に算学を教えろ」と食いつきました。

世宗王は、「ならば、これを解いてみろ」とダンビに周りの学者たちが解けなかった問題を差し出しました。

それは、ダンビにもカンタンに解く事ができる問題でダンビはすらすらと解いて見せました。

感心した世宗王は、「天気を予想できれば罪を解こう、そして雨が降ればここを去っても良い」とダンビに言い渡しました。

最初に宦官(コーサン)だと勘違いされているダンビは性別も男だと思われていて、世宗王から内侍の服を与えられ世宗王の家庭教師的な役割を担う事になります。

現代っ子のダンビは世宗王にも臆する事なく、気軽な態度をとります。

それをとても不思議に感じた世宗王は「どうして私の目を凝視する事ができるのだ?恐れもせず」と世宗王は人と目を合わす事すら久しぶりだと少々感慨深げでした。

世宗王に九九を教えている途中、世宗王が九九を間違えるとデコパンしようとするダンビは危うく腕を切り落とされそうに・・・。

そこへ王后(チン・ギジュ)がやってきましたが、その姿を見てダンビは現世の友達のソウにそっくりな容姿で驚きを隠せません。

ダンビは世宗王に出される豪華すぎる食事に目を奪われ、お腹をぐぅぐぅ鳴らしますが、現代から持ってきたリュックの中に、インスタントのトッポッキがある事を思い出します。

世宗王に「庶民が食べているものこそ美味しいんです!」と言い、世宗王に台所に案内してもらい夜な夜な湯を沸かします。

出来たトッポッキを振る舞うと、世宗王はそれまで体験したことない味に感嘆し気に入った様子でした。

しかし、辛味に慣れていない世宗王は翌朝、激しい腹痛に見舞われてしまいます。

ダンビが、胃の位置やその下に腸がある事や腹痛についてのメカニズムを世宗王に教えると秘密の部屋へと案内されます。

現代では、一般人でも当たり前に知っている事も、世宗王が暮らす時代では医官でもまだまだ知らない常識がたくさんあります。

案内された秘密の部屋は医官たちが医学を学ぶ場所でした。

当時は、まだ人の体のしくみもわからない時代だったのでダンビは人間の内臓の場所やそれぞれの働きについてわかる範囲で教えました。

ダンビの知識はとても重宝され、当時の医学書までも書き換えてしまいます。

現代では劣等感を感じてばかりのダンビでしたが、ここでは自分の拙い知識が役立ち必要とされる事に喜びを感じました。

ダンビと世宗王は、さまざまな事柄を学びながら仲を深めていきます。

夜になると世宗王の元に訪れ、二人でコッソリと勉強を重ねる日々を続けていました。

しかし、臣下たちにダンビが王の近くで過ごしている事がバレてしまいダンビは罪人扱いとなり処刑されそうになります。

世宗王は、太陽がない時でも時を知る事ができる水時計を作れば罪を解くように言います。

しかし、水時計を完成させるまでに与えられた時間は半月ほどで、側近に「王様それは無理です。あの者をはやく切り捨ててください!」と言われ、ダンビは王宮への出入りを禁じられてしまいました。

世宗王と側近の会話を聞いてしまったダンビは居候先の住まいに戻ると、ヨンに「私はチャングムでもトンイでもない、ただの高3なのに本当に殺されてしまうの?」と尋ねると、ヨンは静かに「使い道がなければ当然捨てられる。この俺も王に認めてもらいたくてお前を利用してるんだ」と答えます。

「使い道がなくなれば捨てられる」と聞き落ち込んだダンビでしたが、ヨンを強引に巻き込み水時計を完成させようとします。

ダンビを切り捨てようとしているのは一部の臣下たちで、世宗王は会えなくなったダンビの事を心配すると同時に寂しく感じ、気づかれないようにコッソリと様子を見にきていました。

苦手な数学で計算を繰り返すも、あと少しのところで水時計は完成しません。

朝鮮には久しぶりの雨が降り始めました。

「雨が降ればここを去ってもよい」という世宗王の言葉、「次に雨が降れば帰ります」というダンビの言葉。

雨が降り始めた時、世宗王は慌てて王宮を出てダンビの元に走ります。

ダンビのところに向かうもすでにそこには姿はなく、ダンビが一生懸命に水時計について計算をした痕跡だけが残っていました。

ダンビは本来の居場所に帰ったと思われましたが、現代から逃げるようにしてタイムスリップしたダンビは、「これ以上逃げたくない」と水時計を完成させる為に、朝鮮に残っていました。

世宗王はダンビを見つけます。

ダンビは「ほんとうは数学が苦手なんです。これまで何かを死ぬほど一生懸命にやった事なんてありませんでした。だって一生懸命やって出来なかったらもっと無力感に苛まれるから……。」とここに残った理由を話しました。

世宗王が王宮を抜け出し、ダンビの元へと行った事が問題視されダンビは臣下たちに命を狙われるようになります。

ヨンもある臣下に成功すれば役職を与えてもらえる事を条件に、秘密裏にダンビの命を奪う事を指示されます。

世宗王は「西に船を用意した」とダンビに逃げるように言いますが、ダンビは「でも、もう逃げたくないんです」と答えます。

「ダメだ命に関わる事だ」と言い、ちょうどそこに現れたヨンと共にダンビは西に向かい、王様もその後を追います。

ヨンとダンビには追手が迫り、ヨンはそれを阻むために剣を抜きダンビを馬に乗せて一人で西に向かわせます。

乗馬経験のないダンビは『オッパ!カンナムスター』のダンスを思い出し、それで何とか馬を乗りこなし、西の海にたどり着きました。

沈む夕日を見ながら世宗王を思い出していると、ダンビを追ってきた世宗王が現れダンビに近づきキスをしました。

日が暮れた海辺の星空の下、語り合う2人。

世宗王はダンビの手をとると手のひらに「LOVE」の文字を書きます。

うれしくなったダンビは「私も!」と言いますが、世宗王は「なんのことだ?」と不思議な様子です。

世宗王はダンビが現れた時にきていたパーカーに書かれていた文字をマネして書いただけなので意味は知りませんでした。

そこでダンビが「好き」という意味の他国の言葉である事を言うと、世宗王も笑顔に……。

同時に「自分は自国の文字を作りたい。他国に先を越された気分だ」と言いました。

ダンビは世宗王が韓国のお札になっている事を思い出し、「大丈夫、王様ならいずれ文字をつくれます」と言い、励ますために持っていたアルファベットチョコレートを差し出しました。

はじめは見慣れぬ食べ物を拒否しようとした世宗王でしたが、強く勧められひと口口にするとチョコレートの虜になります。

その時、ダンビはリュックにアルファベットチョコレートを忍ばせた母親の事を思い出し「母親がいる場所に戻りたい」と強く思います。

夜が明けて水たまりの水で顔を洗おうとしたダンビは水たまりに藻が生えている事に気づき、計算は合っているはずなのに、水時計が上手く動かなかったのは、途中に藻が発生したからではないか?と考えます。

ダンビと世宗王は急いで水時計のところに戻ります。

ダンビの予想通りかめとかめを繋ぐ水路に藻が発生し、それが水を塞き止めていました。

藻を取り除くと想像した通りに水が流れ、水時計が完成しました。

世宗王がダンビを「よくやった」と誉めるとダンビは「私一人の力では完成しませんでした」と言います。

水時計を完成させたダンビは罪を解かれ、水時計に貢献したヨンと共に役職を与えられます。

ダンビはダンビが女性である事を見破った者により、男性の役職ではなく王の後宮(世継ぎを産む)として迎えられました。

ダンビは世宗王の事を好きだったものの、床入れなど予想だにしていなかったので後宮と聞いて逃げ出そうとしましたが、世宗王に見つかってしまいます。

世宗王はダンビが女性である事にとっくに気づいていて、女性だと周りにバレると隣に置いておけない事をわかっていたので気づかぬふりをしていたと告白します。

ダンビが後宮となった事で追い出される心配はなくなり、ダンビをより愛しく思う世宗王は「元の世界に戻る事なく、ずっと私の側にいろ。これは王命だ」と言いました。

ダンビは自分の帰りを待っているであろう母親も恋しかったし、世宗王の事が好きでも自分の世界に戻り、今度は逃げないように頑張ろうと決意していました。

ダンビが去る事を受け入れる事ができない世宗王は、その場を後にします。

その場に残ったダンビは何者かによって消されようとしていました。

背中に刀を突き立てられ倒れたところに火を放たれます。

ダンビがいた建物は瞬く間に燃え盛り、宮中は火を消そうと大騒ぎになっています。

ダンビがそこにいることを知っていた世宗王は慌てて建物にむかい、救い出すために燃え盛る炎の中に入っていきます。

倒れたダンビを見つけた世宗王は「こんなにも危険なところにとどめてしまってすまなかった」と呟き、ダンビを抱えて外に出ます。

ダンビは背負ったリュックの中に分厚い教科書を入れていて、そのおかげで体は刺されずに無事でした。

もうすぐ雨が降る予感がするダンビは次の雨で帰る事を告げ、世宗王と共に西の海に向かいます。

海岸に降り注ぐ雨に二人はうたれながら最後の別れを惜しみます。

世宗王は、どれだけ時間がかかってもダンビがいる未来に行く事を誓い、ダンビは帰路の水に飛び込みました。

現代の公園の水たまりに戻ったダンビは、急いで大学の受験会場へと向かいます。

ギリギリ入試に間に合ったダンビでしたが、試験の結果は不合格。

しかし、前と違いダンビは翌年の大学受験に備えてバイトをしながら予備校に通っていました。

バイトから帰る途中で雨に降られたダンビは、信号待ちでびしょぬれのまま世宗王の事を思い出していました。

するとダンビに傘を傾ける人が現れ、顔を上げるとそこには世宗王によく似た男性が立っています。

世宗王によく似た男性は「以前にも会った事がありますよね?ずっと前に・・・」と言いながら微笑みかけました。

韓国ドラマ【ポンダンポンダン 王様の恋】の感想

冒頭にも書きましたが、【ポンダンポンダン 王様の恋】は韓ドラ初心者でも気軽に見れる長さの韓国ドラマです。

もちろん、韓ドラ大好きという方にもおすすめできる作品でもあります。

短いドラマですが、筋もしっかりとしていてコメディの要素もラブストーリーの要素もあるので短いながらも韓国のドラマの良さが詰まった作品です。

ユン・ドゥジュンさんは現代劇よりも時代劇の姿の方が凛々しくて似合っているように感じました。

韓国人ならお馴染みの1万ウォン札にもなっているハングル文字を生み出した世宗大王が主人公という設定で、ハングル誕生の歴史にダンビが大きく関わっているというのがとても面白いと思いました。

またダンビが開発した水時計を本当に開発した歴史上のチャン・ヨンシルという名前も劇中に登場し、ほんの一部ですが、韓国の歴史を知るきっかけにもなりました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる