【離婚弁護士は恋愛中】パラサイト出演のチョ・ヨジョン主演の痛快ラブコメ作品!

離婚弁護士トップ

この記事では、【離婚弁護士は恋愛中】パラサイト出演のチョ・ヨジョン主演の痛快ラブコメ作品!ということで、韓国ドラマ【離婚弁護士は恋愛中】(全18話)のあらすじや出演者の紹介をしていきましょう。

弁護士が一番多く扱う案件といえば離婚裁判でしょう。

【離婚弁護士】は、かつてエリート弁護士として称賛された女弁護士が主人公の物語。

エリートとして名を馳せた弁護士・チョッキ(チョ・ヨジョン)は裁判に勝つためには手段を択ばない冷血な一面を持っていた。

かつてチョッキの元で見習いをしていたジョンウ(ヨン・ウジン)はチョッキに散々苦しめられ、事務所をやめたのでした。

目次

韓国ドラマ【離婚弁護士は恋愛中】の主なキャスト

コ・チョッキ 役・・・チョ・ヨジョン

法律事務所『祝福』の代表弁護士として活躍したが、ある裁判で弁護士資格をはく奪されてしまいました。

弁護士資格を失ったチョッキでしたが、その手腕を買われてとある法律事務所の事務長となります。

-チョ・ヨジョン-
1981年2月10日 ソウル特別市生まれ。Highエンターテインメント 所属
1997年に雑誌モデルとしてデビュー後、1999年頃から女優としての活動もはじめる。
最新作は2020年秋に主演で出演した【浮気したら死ぬ】で離婚専門弁護士の妻であり常に人を殺す方法について考えている犯罪小説家という役どころを演じています。
【パラサイト 半地下の家族】では、主人公一家が寄生する家の奥様役で出演していました。

≪主な出演作品≫
【ロマンスが必要】、【ベビーシッター】、【雲が描いた月明り】、【完璧な妻】、【最後の食事をつくる女】、【99億の女】、映画【春香秘伝 The Servant】、映画【後宮の秘密】、映画【情愛中毒】、映画【ワーキング・ガール】、映画【パラサイト 半地下の家族】

ソ・ジョンウ 役・・・ヨン・ウジン

かつて法律事務所『祝福』でチョッキの下で事務長として仕事をしていたが、チョッキの強引なやり方に振り回され事務所をやめることに。

その後、無事に弁護資格を取得し、離婚専門の法律事務所『選択』の弁護士として活躍中!

-ヨン・ウジン- 
1984年7月5日 江原道江陵市生まれ。 JUMP ENTERTAINMENT 所属 日本公式ファンクラブ
大学在学中に進路に悩み、考えを整理する為に兵役につきます。そこで出会った仲間の紹介でモデルをした経験があります。2009年に短編映画【ただの友達?】に出演する機会があり、以後、俳優として活動する事を決めたそうです。
主演として出演した【内省的なボス】や【七日の王妃】などラブシーンに定評がある俳優さんです。

≪主な出演作品≫
映画【ただの友達?】、【シンデレラのお姉さん】、【星から来たあなた】、【恋愛じゃなくて結婚】、【内省的なボス】、【七日の王妃】、【法廷プリンス-イ判サ判-】、【プリースト】

ボン・ミンギュ 役・・・シム・ヒョンタク

韓国最高のローファームと言われる大手『BF』代表の息子で、弁護士に使命感はなかったが父親への親孝行のつもりで弁護士になった。

離婚専門の法律事務所『選択』の代表弁護士としてチョッキの手腕を買い事務長として迎い入れる。

-シム・ヒョンタク- 
1978年1月12日 ソウル特別市生まれ。 エンターテインメントO 所属
モデル出身の俳優で大のドラえもん好きとしても有名。フィギュアやゲーム、アニメ好きなオタクとしても知られています。
俳優デビューは2001年のドラマ【愛を予約してください】で、その後【ゴハン行こうよ】や【ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?】などに出演しています。

≪主な出演作品≫
【野人時代】、【家に帰る道】、【猟ブレイン〜愛と野望〜】、【ゴハン行こうよ】、【ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?】、【猟奇的な彼女】、【真心が届く】、【僕を溶かしてくれ】

チョ・スア 役・・・ワン・ジウォン

ジョンウの幼馴染でずっと想いを寄せている。

大手ローファーム『BF』に勤務する弁護士で、経済状況の厳しいジョンウの家庭の事を知るスアは密かにジョンウの学費を出すなどバックアップしてきた。

-ワン・ジウォン-
1988年11月12日生まれ。J,WIDE-COMPANY 所属
本作ではプリマを目指すバレリーナの役でしたが、ワン・ジウォンさん自身もかつてはバレエをやっていました。
父親の仕事の関係でイギリスに住んでいた際に英国王立ロイヤルバレエスクールに入学し、ロイヤルバレエ団に所属した事もありました。しかし、ケガによりバレエの道は断念に女優業を志しました。
2012年に【ファミリー】で女優デビューしています。

≪主な出演作品≫
グッド・ドクター】、【ロマンスが必要3】、運命のように君を愛してる、【離婚弁護士は恋愛中】、【病院船】、【30だけど17です】

その他の出演者

  • ユン・ジョンスク 役:ファン・ヨンヒ・・・離婚専門法律事務所『選択』の局長
  • イ・ギョン 役:イ・ドンフィ・・・離婚専門法律事務所『選択』の室長
  • コ・ドンサン 役:メン・サンフン・・・魚屋を営むチョッキの父親
  • チャン・ミファ 役:ソン・ビョンスク・・・ジョンウの母親
  • ポン・インジェ 役:キム・ガプス・・・ミンギュの父親で大手ローファーム『BF』の代表

韓国ドラマ【離婚弁護士は恋愛中】のあらすじ

離婚専門法律事務所『祝福』代表コ・チョッキ(チョ・ヨジョン)は裁判に勝つためなら手段を択ばないという冷徹な一面を持つ弁護士でした。

それまで連れ添った夫婦が裁判を持って別れるという修羅場に直面する事務所なのに『祝福』という名前がつけられたのには、離婚を機に幸せになってほしいという思いがこもっていました。

弁護士を目指しながら、弁護資格を取れずにいたソ・ジョンウ(ヨン・ウジン)は、次の司法試験に向けて弁護士の下で働きたいと見習いとして『祝福』で事務職に就きます。

ジョンウは努力家で学校での成績もよく心から弁護士になりたいと願っていました。

ところが数年前に司法試験に向かう途中の地下鉄で事故に遭い、危うく命を落としそうになりました。

この事がトラウマとなり、地下鉄に乗れないどころか酷い閉所恐怖症になり試験会場にも行けなくなってしまったのです。

司法試験に合格する実力はあっても試験を受けれずに過ごしていました。

『祝福』で働きはじめたジョンウはチョッキの強引なやり方に呆れていました。

ある日、名のある人物の離婚裁判の弁護をしていたチョッキは、強引なやり方で見事勝訴しましたがあまりにも強引すぎた為、相手側から告訴されてしまいました。

チョッキは弁護資格をはく奪され、チョッキが告訴される原因となった情報をリークしたのはジョンウではないかと詰め寄りました。

チョッキは弁護資格剥奪と共に『祝福』を追われる事になり、ジョンウもまた『祝福』を辞めました。

その後、無事に司法試験をパスしたジョンウは弁護士となり、離婚専門の法律事務所『選択』で弁護士として活躍していました。

『選択』代表弁護士は大手ローファーム『BF』の代表を父に持つボン・ミンギュ(シム・ヒョンタク)でした。

ジョンウにはチョ・スア(ワン・ジウォン)という幼馴染がいて、彼女もまた弁護士をしていました。

スアは優秀で『BF』で弁護士をしていました。

スアは幼なじみのジョンウの家の家計が苦しかったのを知っていてジョンウの知らないところで学費の援助を行ったり、ジョンウが『選択』に入れるようにミンギュに口利きをしたのもスアでした。

『選択』の代表であるミンギュは、チョッキの手腕を買い自分の事務所の事務長として迎え入れました。

ジョンウは再び悪夢のような日々を送る事になってしまいました。

チョッキは勝利する事に価値があると思っているので、依頼人の気持ちを考慮したりしません。

チョッキの暴走気味なやり方はジョンウにとっては爆弾を抱えているような物でしたが、チョッキはチョッキできちんと考えがあっての事でした。

2人とも依頼人の勝訴を願う気持ちは一緒でしたが、やり方が全く噛み合わなかったのです。

しかし、2人は依頼人のために協力しあううちにお互いをカバーし合い、良きパートナーになっていきます。

やがて仕事のパートナーだった2人は、お互いに男と女としても惹かれあっていきます。

しかし、それを阻む存在が・・・。

『選択』の代表のミンギュとジョンウの幼馴染のスアでした。

スアはずっとジョンウに幼馴染としてだけでなく好意を持っていたのに、それにジョンウが気づいていませんでした。

ミンギュはミンギュでチョッキに好意がありあれやこれやと仕掛けるのですが、キッパリと断られてしまいます。

ジョンウとチョッキは他の人には内緒で付き合う様になりラブラブな関係になりますが、2人の仲を知ったジョンウの母親(ソン・ビョンスク)チョッキと交際する事を認めてくれませんでした。

何故ならば幼馴染のスアがずっとジョンウの事を想っている事も知っていたし、ずっとジョンウの学費を援助してくれていたのもスアでジョンウの嫁にするならスアしかいないと思っていたからでした。

母親からスアが学費を援助してくれていた事実を聞いたジョンウは愕然とします。

そして、心ではチョッキを愛していたもののスアの思いを無視する事も出来ずに悩みます。

しかし、やはり自分が好きなのはチョッキだと確信するのですが一方でチョッキはジョンウとの別れを決心し、ジョンウの元に戻る事はありませんでした。

チョッキはジョンウの母親からスアがジョンウを援助していた事を聞き、自分はスアには叶わないと諦めたのでした。

それから2人には仕事上でさまざまな事が起こり、チョッキが逮捕されたりジョンウがチョッキの汚名をはらすための証拠を必死に探したりします。

色々なトラブルが2人の絆を更に強くし、やがてジョンウはチョッキとの結婚を考える様になりました。

そして最初の方に話は戻りますが、ジョンウはかつて地下鉄内の事故に巻き込まれトラウマを抱えていました。

その地下鉄事故からジョンウが助かる事ができたのは、助けてくれた女性がいたからです。

同じ電車に乗り合わせたその女性は、意識が遠のくジョンウに持っていたハッカ飴を口に含ませ、息をする事を促し、電車の外に抱えて連れ出してくれました。

ジョンウは朦朧とする意識の中でハッカ飴の事を覚えていたのですが、数年後に一緒に働いていたチョッキは同じハッカ飴を持ち歩いていました。

チョッキは亡くなったお母さんの好きだったハッカ飴を持ち歩いていたのです。

チョッキは地下鉄事故の時に男性を助けたという事実をすっかり忘れていたのですが、その時に助けた男性がジョンウだったという事がラストの方で発覚します。

このジョンウのハッカ飴のエピソードの相手がチョッキだったと知ったジョンウのお母さんは勿論、チョッキとジョンウの結婚を反対する事はありませんでした。

離婚専門の法律事務所を舞台にした作品の中で、色々な離婚問題を扱い離婚する事は必ずしも不幸な事とは限らない事や、他人の激しい離婚劇を扱いながらも結婚が幸せになる事を諦めないかのように2人がハッピーエンドを迎えるのが良かったと思います。

また、チョッキの豪快な感じとジョンウの思いやりのある人柄がそれぞれに主演のチョ・ヨジョンさんとヨン・ウジンさんのイメージにあってるなと思いました。

法廷劇の激しさとラブコメの要素が程よく融合したドラマでした。

【離婚弁護士は恋愛中】を視聴できるおすすめサービス(2021年9月末現在)

  • U-NEXT・・・月額 2,189円(税込)/無料トライアル31日間
本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる