【愛の不時着】ハマる人続出!ヒョンビンとソン・イェジンは私生活では華麗に着地

愛の不時着トップ画像

昨年末にNetflixでは、「2020年 日本で最も話題になった作品 TOP10」が発表されました。

この中には、韓国ドラマは【梨泰院クラス】【サイコだけど大丈夫】【青春の記録】、【キム秘書はいったい、なぜ?】がランキングし、それらを押さえ栄えある第一位に輝いたのが【愛の不時着】でした。

今回は、2020年最も話題となった韓国ドラマ【愛の不時着】を紹介していきましょう。

このドラマでの共演をきっかけにヒョンビンさんとソン・イェジンさんは実生活でもカップルとなりました。

2人の息の合った演技にもご注目下さい。

目次

韓国ドラマ【愛の不時着】主なキャスト

【愛の不時着】は全てメインキャストと言いたいほどに、それぞれのキャラクターに物語があります。

相関図ももっと大きいのですが、特に主要な4名のキャストのみに絞って掲載させて頂きました。

完璧な相関図は番組公式サイトでご確認ください。

リ・ジョンヒョク 役・・・ヒョンビン

朝鮮人民軍将校(32歳)。民警大隊第5中隊の中隊長、大尉として軍務にあたっている。

真面目で正義感が強く上司からは疎ましく思われているが、部下たちからは慕われる存在。

朝鮮人民軍総政治局局長の次男だがその事実は明かさずに軍務にあたっている。かつてはピアニストを目指していたが、軍人だった兄を亡くしてから北朝鮮に戻り、軍人となった。

-ヒョンビン-
1982年9月25日 ソウル生まれ。VASTエンターテイメント 所属
2003年にドラマ【ボディガード】でデビュー以来、俳優活動を続けています。
【愛の不時着】でもピアノのシーンが何度もありましたが、幼少期よりピアノを習っていてツェルニー50番まで弾けるそうです。これまで出演したドラマの劇中でも度々、演奏シーンがありました。
本作で共演したソン・イェジンさんとの交際が報道されましたが、双方交際を認めています。

≪主な出演作品≫
【ボディガード】、【アイルランド】、【私の名前はキム・サムスン】、【雪の女王】、【シークレット・ガーデン】、【ジキルとハイドに恋した私】、【アルハンブラ宮殿の思い出】

ユン・セリ 役・・・ソン・イェジン

財閥令嬢であり、自ら立ち上げた「セリズ・チョイス」の敏腕社長(32歳)。

自社製品のウェアを着用したパラグライダーの飛行テスト中に竜巻に巻き込まれ、行方不明になってしまう。

父親と愛人との間に生まれた婚外子で、生まれてからは父親の家に引き取られ育てられた。

腹違いの2人の兄がいるが後継者争いで疎まれている。

-ソン・イェジン-
1982年1月11日 大邱広域市生まれ。MSTEAMエンターテインメント 所属
1999年に化粧品のCMに脇役モデルとして採用され、デビューを果たしました。そのCMがきっかけでほぼ無名のまま、ドラマ【おいしいプロポーズ】のヒロイン役に抜擢され女優デビューもしました。
日本では2004年公開の【私の頭の中の消しゴム】で広く知られるようになりました。

≪主な出演作品≫
【夏の香り】、【個人の趣向】、【サメ〜愛の黙示録〜】、【よくおごってくれる綺麗なお姉さん】、【シークレット・ガーデン】、【ジキルとハイドに恋した私】、【アルハンブラ宮殿の思い出】

ク・スンジュン 役・・・キム・ジョンヒョン

大手向きは韓国の若き実業家(31歳)。しかし、本当は詐欺師。

セリの二番目の兄に詐欺を働き追われる身となる。イギリス人外交官( アルベルト・ク)と身分を詐称し、ブローカーを通じて北朝鮮に渡る。

過去にセリに近づくもこっぴどく振られた経験がある

-キム・ジョンヒョン-
1990年4月5日 釜山広域市生まれ。O&Entertainment 所属
高校時代から演劇の道を志し、大学在学中には舞台や短編映画に出演していました。本格的な俳優デビューとなったのは、2015年の映画【超人】でした。
その翌年に【嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~】でヒロイン役を務めたコン・ヒョジンさんの弟役で出演しドラマデビューも果たしました。

≪主な出演作品≫
【嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~】、【逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-】、【ウラチャチャ My Love】、【時間】、【夕食、一緒に食べませんか?

ソ・ダン 役・・・ソ・ジヘ

平壌にあるデパートの社長の一人娘で音楽家(31歳)。チェリストとしてロシアに留学中だったが、婚約者であるジョンヒョクとの結婚を進めるために北朝鮮に帰国した。

-ソ・ジヘ-
1984年8月24日 ソウル特別市生まれ。Culture Depot 所属
高校時代にスカウトされ芸能界入りします。2003年に
ドラマ【オールイン】でデビューしました。
体形維持のためにハンバーガー、炭酸飲料、ラーメンは食べないようにしているとのことです。

≪主な出演作品≫
【嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~】、【耳打ち~愛の言葉~】、【黒騎士】、【胸部外科】、【一緒に夕飯食べませんか?

チョ・チョルガン 役・・・オ・マンソク

北朝鮮の人民武力部保衛局所属の少佐(37歳)。元コッチェビ(北朝鮮の浮浪児)で天涯孤独の身である。

数々の不正行為を働き得たお金を上官に賄賂として贈ってきたが、不正の証拠をつかんだジョンヒョクの兄で軍人だったムヒョクを殺害した。

私設のトラック部隊を所有し、都合が悪い人物が現れると事故に見せかけ殺害してきた。

-オ・マンソク-
1975年1月30日 生まれ。janginエンターテイメント 所属
1999年に演劇【ファウスト】でデビューし、その後ミュージカルを中心に活動を行います。
2005年に【シンドン 〜高麗中興の功臣〜】で本格的なドラマデビューを果たします。
プライベートでは26歳の時に衣装デザイナーの女性と結婚しましたが、6年ほどで離婚しています。娘さんがいましたが、マンソクさんがシングルファーザーとして育てていました。
2018年に一般女性と再婚し、マンソクさんにとって二人目となる娘さんを授かっています。

≪主な出演作品≫
【恋するハイエナ】、【王と私】、【ロードナンバーワン】、【乱暴なロマンス】、【王(ワン)家の家族たち 】、【38師機動隊】、【ジャスティス-検法男女-】

ピョ・チス 役・・・ヤン・ギョンウォン

ジョンヒョクが中隊長を務める第5中隊の部下で曹長(31歳)。

何かとセリに反発するが、彼なりにセリを気にかけている。

-ヤン・ギョンウォン-
1981年4月1日 生まれ。HISTORY D&C 所属
以前は建築会社で会社員をしていたそうです。
2010年からミュージカル俳優として活動をスタートし、2015年頃からテレビドラマにも出演するようになりました。【愛の不時着】の出演で広く周知される俳優となりました。
プライベートではミュージカル女優と結婚しています。

≪主な出演作品≫
【アスダル年代記】、【ハイバイ、ママ!】、【ヴィンチェンツオ

パク・グァンボム 役・・・イ・シニョン

ジョンヒョクが中隊長を務める第5中隊の部下で軍曹(28歳)。

セリも認めるイケメン軍曹。

イ・シニョン
1998年1月24日 慶尚北道漆谷郡 生まれ。フォレストエンターテインメント 所属
2018年、ウェブドラマ【ひとくちだけ】でデビューしたばかりの俳優。
【愛の不時着】への出演がきっかけで一気に注目を集め、【契約友情】では主演を務めました。
キム・スヒョン似のイケメンで今後の活躍が楽しみな俳優です。

≪主な出演作品≫
【契約友情】、【昼と夜

キム・ジュモク 役・・・ユ・スビン

ジョンヒョクが中隊長を務める第5中隊の部下で中級兵士(23歳)。

韓流ドラマファンで、ドラマを通して得た情報で韓国に詳しい。熱狂的なチェ・ジウのファン。

ユ・スビン
1992年11月6日 京畿道富川市 生まれ。J,WIDEカンパニー 所属
俳優デビューは2016年の映画【カーテンロール】です。
以降、さまざまな作品の端役で出演、【愛の不時着】への出演で大きく注目されるようになりました。
2020年には【スタートアップ: 夢の扉】のサムサンテックの共同創設者というメインキャラで出演しています。

≪主な出演作品≫
【刑務所のルールブック】、【リーガル・ハイ】、【チェックメイト!〜正義の番人〜】、【スタートアップ: 夢の扉】、【人間失格】、映画【EXIT】

クム・ウンドン 役・・・タン・ジュンサン

ジョンヒョクが中隊長を務める第5中隊の部下で初級兵士(17歳)。

故郷に母と弟妹がいる一家の大黒柱。セリを姉のように慕い軍務で訪れた韓国ではネットゲームにハマる。

タン・ジュンサン
2003年8月13日 ソウル 生まれ。CL&COMPANY 所属
父親は中国系マレーシア人(韓国に帰化)で母親が韓国人のハーフ。
幼い頃からミュージカルに出演してきたが、変声期を迎えた時期にドラマや映画に出演するようになりました。

≪主な出演作品≫
【一途なタンポポちゃん】、【ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です】、【ラケット少年団

その他の出演者

  • チョン・マンボク 役: キム・ヨンミン・・・通称「耳野郎」と呼ばれる盗監聴室所属の軍人で、チョルガンの部下(40歳)
  • リ・チュンリョル 役:チョン・グックァン・・・朝鮮人民軍総政治局長でジョンヒョクの父親(68歳)
  • キム・ユンヒ 役:チョン・エリ・・・元女優のジョンヒョクの母親(65歳)
  • リ・ムヒョク 役:ハ・ソクジン・・・ジョンヒョクの兄で故人。軍人だったが事故により7年前に34歳で他界
  • ユン・ジュンピョン 役:ナム・ギョンウプ・・・大企業クイーンズ・グループの会長でセリの父親(67歳)
  • ハン・ジョンヨン 役:パン・ウンジン・・・ジュンピョンの妻でセリの育ての親(62歳)
  • ユン・セジュン 役:チェ・デフン・・・セリの一番上の兄(39歳)。性格は悪くないがあまり賢くない
  • ド・ヘジ 役:ファン・ウスレ・・・セジュンの妻(32歳)
  • ユン・セヒョン 役:パク・ヒョンス・・・セリの二番目の兄(38歳)。セリが行方不明のあと、セリの帰国を阻み後継者の座を狙う
  • コ・サンア 役:ユン・ジミン・・・セヒョンの妻(38歳)セヒョンよりも更に欲深く陰謀を企てる
  • ホン・チャンシク 役:ゴ・ギュピル・・・セリが代表を務めるセリス・チョイスの広報チーム長(37歳)
  • パク・スチャン 役:イム・チョルス・・・保険会社に勤めるチャンシクの友人で、セリの高額保険の担当者
  • コ・ミョンウン 役:チャン・ヘジン・・・ダンの母親(58歳)平壌最大手のデパートの社長
  • コ・ミョンソク 役:パク・ミョンフン・・・ダンの叔父(55歳)保衛局司憲局長で少将
  • ナ・ウォルスク 役:キム・ソニョン・・・朝鮮人民軍陸軍少尉の妻で舎宅村の人民班長(40歳)
  • マ・ヨンエ 役:キム・ジョンナン・・・朝鮮人民軍陸軍大佐の妻で、舎宅団地の実力者(45歳)
  • ヒョン・ミョンスン 役:チャン・ソヨン・・・マンボクの妻(38歳)
  • ヤン・オックム 役:チャ・チョンファ・・・朝鮮人民軍陸軍少佐の妻で美容師(39歳)

韓国ドラマ【愛の不時着】のあらすじ

「見なければ!」と思いながら長い事、後回しにしてきた作品をようやく見ました。

今回は【愛の不時着】を紹介していきましょう。

結論からいいますと、物語としてはすごくよかったのです。

しかし「本当の北朝鮮の暮らしはこんなんではないだろう?」と思いながら見てしまう自分のせいで、たびたび現実に引き戻ってしまいました(笑)

【愛の不時着】にハマる人が続出している理由がなんとなくわかりました。

とにかく、この作品には愛が溢れています。

親子愛、兄弟愛、同士愛、恋愛など・・・全ての愛とは言いませんが、人間のさまざまな愛がいっぱい詰まった作品でした。(欲にまみれたキャラもいっぱいいましたが・・・)

過酷な環境の中で常に危険と隣り合わせの恋愛は、究極の吊り橋理論的な作品だなと思いました。

勘違いしないでください。

吊り橋理論で恋に堕ちるのは主演の二人ではなく、危険な状況のキャラクターたちに感情移入しながら作品を楽しむ私たちです。

【愛の不時着】の見どころは?「全部」

ラストの方でセリが言う「会いたいと願わないと 生きていられないから」という台詞が一番印象に残っています。

セリ(ソン・イェジン)は大企業クイーンズグループの娘でありながら、自分で立ち上げたファッションブランド『セリズチョイス』のCEOを務め、親の手を借りる事なく上場企業に成長させました。

セリはクイーンズグループ会長と愛人の子として生まれ、本家に引き取られ育ったものの愛情を感じずに育ってきました。

過去には生きている事が辛い時期もあり、訪れたスイスの地で死を考えた事もあります。

セリを生きる道に導いてくれたのは、たまたま聞こえてきたピアノの音色です。

初めて訪れたその地で、名も知らないその曲はまるでセリを励ましてくれているようでした。

セリには本妻の子で腹違いの兄が2人いましたが、父親は素質のあるセリを後継者に考えていたので兄たちから疎まれていました

セリは、自社ブランドのスポーツウエアの性能をテストする為に、パラグライダーでの装着試験を行う事になりました。

怪しい天候でチーム長が心配する中、セリは自ら性能テストに参加しましたが、パラグライダーで飛行中に竜巻に巻き込まれ行方不明となります。

気を失ったセリは、目覚めると森の中で木からぶら下がった状態でした。

幸い大きなケガはありません。

持っていたトランシーバーも繋がらず、身動きができないセリは助けを求めて叫びます。

しばらくすると、軍人の姿が・・・セリをめがけて銃を向けています。

軍人に降りてくるよう指示されたセリは慌てて飛び降りようとしますが、バランスを崩し軍人の胸に飛び込みます。

面食らう軍人にセリは「帰順兵士ですか?北朝鮮のエリート?心配しなくても私はあなたの邪魔をしたりはしません」と言いながらその場を去ろうとしました。

ところがそんなセリの背に向けて銃を構えた軍人は、「勘違いするな!僕が南に入ったわけではない。そちらが北に入ったんだ」と言いました。

セリが降り立った場所は非武装地帯の北朝鮮側の領土でした。

軍人は非武装地帯で軍務にあたっていた、民警大隊第5中隊の中隊長のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)でした。

北朝鮮と聞いてパニックになったセリは、「故意に侵入したわけではなく、パラグライダーで飛行中に竜巻にあって不時着した」と説明します。

ジョンヒョクは「軍の調査でも同じように答えろ」とセリに言います。

これを聞いてぎょっとしたセリは「私はランニングが得意なのよ~」と言いながらジョンヒョクが「止まれ!そこは地雷がいっぱいだ!」と制止するのも無視して走り出します。

ジョンヒョクは自分の部下たちにも連絡し、「見つけたら撃たずに逮捕しろ」と無線で連絡します。

偶然にも地雷を踏まずに地雷原を抜けたセリは、ジョンヒョクの部下が制止するのも無視して、必死で鉄柵を超えていきました。

部下が叫んだのは、「そっちは、あなたの国じゃない ! こっちにもどれ ! そっち側に行ったら、我々は終わりだ ! 」という言葉でした。

セリが韓国だと思って超えた鉄柵は非武装地帯と北朝鮮側を仕切る鉄柵でした。

つまり、セリが韓国だと思って飛び込んだのは北朝鮮側だったのです。

侵入したセリも、侵入されたパトロールにあたっていた軍人たちも見つかったらどうなるかわかりません。

ジョンヒョク率いる第5中隊の隊員たちは、軍部に見つかる前に何としても逃げた南朝鮮の女を捕まえる必要がありました。

セリは森を抜け人が住んでいる小さな町に到着します。

「やっと帰れる!」と喜んだのも束の間、時代がタイムスリップしたような風景に唖然とします。

町人たちが街の広場で集団で体操する姿や、集団で行進する子どもたちがそこにいました。

セリはその光景から自分が今いる場所は北朝鮮だという事を悟ります。

北朝鮮に侵入した南の女を捕らえる為に、保衛部の軍用トラックがセリに迫っていました。

そのセリを自分の家の敷地に引き入れかくまったのは、セリを木の下で受け止めたジョンヒョクでした。

しかし、セリをいったんかくまったものの心中では「殺すべきか、どうすべきか」と葛藤中です。

セリは「南のスパイか?」と疑ったジョンヒョクでしたが、どうやらスパイではないらしいと判断します。

スパイではないものの、非武装地帯でパトロール中に南からの侵入を回避できなかった事を軍部にい知られると自分たちの身も大変な事になります。

ジョンヒョクの家には、部下たちが集まりました。

セリは「不時着した場所まで送ってくれない?そうすればあなたたちの失態は誰にも明かさないわ」とジョンヒョクたちに言います。

しかし、ジュンヒョクの部隊は非武装地帯の担当を終えたばかりで既に次の部隊と交代済みなので、次の担当になる数か月先まで非武装地帯に戻る事はできません。

セリを他の者たちに見つからずに韓国に戻すには入念な策が必要でした。

ジュンヒョクは、自分や部下たちの保身のためにも保衛部に連れて行く事をやめます。

その代わりにセリに外出をしない、兵士と会話しない、無事に韓国に戻ったらここでの出来事を口外しないという条件を命じました。

セリは無事に韓国に帰るまでの間、ジョンヒョクの家で世話になる事になります。

同じ頃、北朝鮮にはブローカーを通じて密入国した韓国人がいました。

自称、実業家として韓国で詐欺をしていたク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)は、大きな詐欺がバレて追われる身です。

国内では見つかってしまうと考えたスンジュンは、隠れるのにうってつけの場所として北朝鮮を選びやってきたのです。

身分を詐称し、イギリス人外交官のアルベルトとして北朝鮮入りしました。

滞在先は、ブローカーが準備した人里離れた場所にある邸宅でした。

そこで、長い時間をやり過ごす事となります。

スンジュンは町で、何度か韓国の知り合いと似た人物を見かけます。

まさかと思いましたが、スンジュンが見たのは過去にこっぴどく自分を振ったセリでした。

有名ブランドのCEOのセリが行方不明になった事は、韓国国内では大きなニュースとして伝えられていましたが、その前に韓国を出国したスンジュンはその事を全く知りませんでした。

一方、ジュンヒョクの家で借りぐらしをするセリは近所ではジュンヒョクの婚約者という事になっていました。

中隊長でイケメンの上、好青年のジュンヒョクは近所のご婦人方からも人気もあり、何かと世話を焼かれていました。

セリも婚約者として近所のご婦人方と交流を深め、長居するつもりもないので持ち前のバイタリティでやり過ごす日々でした。

ところが、そこにジュンヒョクの本当の婚約者・ダン(ソ・ジヘ)が現れます。

海外にいて当分帰らない予定でしたが、ジュンヒョクとの結婚を進める為に急遽、帰国したのです。

ジュンヒョクの最優先事項は、かくまっているセリを無事に韓国へ帰す事でした。

たとえ、面倒な柵がなかったとしても北朝鮮から出る事は容易ではありません。

そこに、本当の婚約者が現れたり、セリの正体を知るスンジュンが現れたりしてややこしさが加速していきます。

さらに、セリの正体を疑う保衛局のチョ・チョルガン(オ・マンソク)の大きな悪事の尻尾を掴みかけていました。

ジュンヒョクには兄がいました。

兄のムヒョク(ハ・ソクジン)は軍人でとても弟思いの優しい兄で、ジュンヒョクは兄が大好きでした。

7年前、ジュンヒョクはスイスでピアニストとして活動していましたが、スイスで兄の突然の訃報を知ります。

兄の代わりに北朝鮮へ戻り、軍人としての道を歩む事になりました。

ジュンヒョクたちの父親は、朝鮮人民軍総政治局長をしていたので息子が軍人となる事は当たり前でした。

兄が軍人をしていたので、ジュンヒョクは自分が好きな道を歩ませてもらえたのです。

ジュンヒョクは兄の死によって、夢や大切な人を失った時の悲しみの大きさを知ります。

それからは、与えられた軍務をこなし、深く人を愛する事もなく淡々と生きていくことを決め、生きてきました。

婚約者のダンとも、親が決めた政略結婚だったのでただ受け入れた状態でした。

兄は、移動中に事故に遭い亡くなりましたが、事故は不自然に起きていて、何かの陰謀が絡んでいるようでした。

しかし、陰謀は解明されぬまま7年が過ぎています。

兄と同じような事故が過去から何度も起きている事を突き止めたジュンヒョクはそこに保衛局のチョルガンが絡んでいる事を掴んでいきます。

チョルガンは野望が大きく、ジュンヒョクやさらにはその父親も失脚させようとしていました。

ジュンヒョクたちを失脚させるために、セリを狙っています。

ジュンヒョクもセリも『セリが韓国に戻る』という事が第一だったのですが、危険と隣り合わせの中、守り守られする中、二人は愛し合うようになります。

しかし、決して許される事のない関係です。

「愛するからこそ、一刻も早く無事にここから出してあげなければいけない」ジュンヒョクの想いはただひとつでした。

何度も別れを告げながらも邪魔が入りなかなか韓国に戻れなかったセリですが、ジュンヒョクたちのおかげで何とか韓国に帰る事に成功します。

チョルガンの悪事も暴く事に成功し、逮捕されました。

ところがそのチョルガンは、護送中に姿を消しセリを追って韓国に入国した事がわかります。

セリを北朝鮮に連れ帰り、証言させジュンヨク一家を破滅させようと企てていました。

その企みを知ったジュンヒョクはセリを救うために、危険を冒し単独で韓国へと向かいます。

ジュンヒョクは無事に韓国に入りセリを救えるのでしょうか!?

後半はまさに命がけの救出劇になります。

ジュンヒョクが韓国に行った事を知った父親は、ジュンヒョクの部下たちに内密にジュンヒョクを北朝鮮に連れ戻すように指令を出します。

韓国で再会したジュンヒョクと第5中隊の面々は、セリのうちで生活しながらセリをチョルガンから守ります。

紆余曲折しながらも、なんとかチョルガンとの攻防戦も終わり、無事にセリを守り抜いたジュンヒョクと隊員たちは北朝鮮へと帰りる事になります。

南での生活に名残惜しさを残しつつも、第5中隊の面々は北朝鮮に残された家族たちを思い帰国する道を選びました。

南北が統一しない限り、再び会う事はない永遠の別れを意味していました。

ジュンヒョクのセリに対する想いや、部下たちのジュンヒョクに対する想いが交錯し、中盤からは涙なしでは見れない内容になっています。

その一方で、ジュンヒョクを含め個性的なキャラクターたちの韓国での生活がとてもコミカルに描かれているので、笑えるシーンも多く、脚本や演出がとてもバランスが良くて面白いです。

メリハリが効いてる物語だなと思いました。

この記事のタイトルは「ヒョンビンとソン・イェジンは私生活では華麗に着地」ですが、この作品をきっかけにションビンさんとソン・イェジンさんは交際をスタートしました。

今後、結婚という形に着地するという事もあるかもしれません。

私は、実際にカップル誕生の情報を得てから【愛の不時着】という作品を見た事もあり、美しくて素敵なカップルだなぁ実際もそうなんだなぁと思いながら見てしまいました。

ヒョンビンさんもソン・イェジンさんも長い事見てきましたが、美しいまま素敵に年を重ねていますよね。

ドラマのラストでもジュンヒョク(ヒョンビン)とセリ(イェジン)は、2人なりの方法を見つけ再会を果たします。

実は2人が初めて出会った場所は北朝鮮ではありませんでした。

セリが北朝鮮に不時着する7年前、二人はスイスで出会っていたんです。

そして、結果的にその時もセリはジュンヒョクに命を救ってもらっていました。

【愛の不時着】では、セリとジュンヒョクの出会いのエピソードも随所に盛り込まれていて、全てが運命的に繋がっていく事で、物語をより感動的な物にしています。

欲をいえば、ダンとスンジュンのエピソードももっとあったら良かったなぁという感じです。

スンジュンがあっという間に去ってしまい悲しむ間もありませんでした。

まだ見ていない方は是非ご覧になってくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる