【恋愛ワードを入力してください】キャリアを持つ3人の女性の生き方を描くストーリー!

検索ワードトップ

韓国のポータルサイト業界ナンバー1の大手『ユニコン』でサービス戦略本部長を務めるタミは、不正の濡れ衣を着せられ、解雇させられてしまいます。

そのタミは、業界ナンバー2の『バロ』の代表にスカウトされ、ライバルとなった『ユニコン』から1位の座奪還をかけてチームと奮闘していく物語です。

主人公のタミを演じるのは、日本では【ごめん、愛してる】で広く知られるようになったイム・スジョンです。

仕事ひと筋だったタミの前に現れた魅力的な年下男子パク・モゴンを演じるのは、人気急上昇中のチャン・ギヨンです。

タミとモゴンの恋の行方も気になりますが、【恋愛ワードを入力してください】は大手ポータルサイトを舞台にペ・タミ(イム・スジョン)、チャ・ヒョン(イ・ダヒ)、ソン・ガギョン(チョン・ヘジン)のバリキャリの女性3名の生き方を描いた作品でラストが爽快です!!

【恋愛ワードを入力してください】は、私たちの生活に身近にあるサーチエンジンを題材にした物語です。

とても面白い作品だったので、その魅力を伝えるべく作品を紹介していきたいと思います!

目次

韓国ドラマ【恋愛ワードを入力してください】の主な出演者

ペ・タミ 役・・・イム・スジョン

ポータルサイト大手業界1位を誇る『ユニコン』のサービス戦略本部長として活躍していたが、急上昇ワード操作の疑惑をかけられ理不尽に解雇されてしまう。

同じく業界大手の『バロ』にスカウトされ入社。

自分を理不尽に解雇した『ユニコン』への恨みを晴らすべく、1位奪還を狙うバリキャリの1人目。

イム・スジョン
1979年7月11日 ソウル特別市 生まれ。キングコングbyスターシップ 所属
2001年に女優デビュー、2002年の主演映画【箪笥】で青龍映画賞の新人女優賞を受賞し広く知られるようになりました。
2004年のヒットドラマ【ごめん、愛してる】は日本でも放送されソ・ジソプさんと共に話題となりました。

≪主な出演作品≫
【ごめん、愛してる】、【シカゴ・タイプライター】、【メランコリア】、映画【箪笥】、映画【サイボーグでも大丈夫】、映画【mothers】

チャ・ヒョン(スカーレット) 役・・・イ・ダヒ

『バロ』のソーシャル本部長でバロひと筋で見た目によらず情に厚いバリキャリ2人目。

かつてライバル会社である『ユニコン』にいたタミがチーム長を務める新規部署に異動となる。

考え方の違うタミと合わず最初は敵視するが、お互いに認め合う仲に変わっていく。

–イ・ダヒ–
1985年3月15日 龍仁市 生まれ。ファイブラザーズコリア 所属
高校2年生だった2002年にモデルコンテストに出場した事をきっかけにモデルとしてデビューします。
同じころから女優としても活動し、数々のドラマ作品に出演し活躍しています。
176cmと長身の女優さんです。

≪主な出演作品≫
【秘密】、【君の声が聞こえる】、【ビッグマン】、【ミセスコップ】、【華麗なる2人】、【推理の女王2】、【僕が見つけたシンデレラ】、【LUCA:The Beginning】

ソン・ガギョン 役・・・チョン・ヘジン

ユニコンの代表理事を務めるバリキャリ3人目。

ユニコンと懇意にしている財閥の御曹司と愛無き政略結婚をしている。婚姻を条件に実家を財閥の会長を務める義母に救ってもらったため、義母の言いなりになる生き方を選んだ。

以前は、タミの良き先輩だったが敵対する仲になり、最終的にタミを退職に追い込んだ人物。

–チョン・ヘジン–
1976年8月10日 韓国 生まれ。HODU&Uエンターテインメント 所属
1998年ころから、映画を中心に女優活動を続けています。2015年に出演した映画【王座】では青龍映画賞の助演女優賞を獲得しています。
プライベートでは、2009年に7年の交際期間を経て映画【パラサイト】にも出演している俳優のイ・ソンギュンさんと結婚し、2人の男児もいます。

≪主な出演作品≫
【勝手にしやがれ】、【ごめん、愛してる】、【ミスティ】、【知らない人】、【叔父】、映画【王座】、映画【タクシー運転手】、【RV:復活した犠牲者】

パク・モゴン 役・・・チャン・ギヨン

ゲーム音楽制作会社ミルリムサウンドの経営者。

ふらっと立ち寄ったゲームセンターで対戦ゲームの対戦者だったタミと出会う。

タミと飲む事になり、そのままワンナイト?をしてしまう二人でしたがモゴンは年上のタミに恋におち積極的にアプローチします。

–チャン・ギヨン–
1992年8月7日 蔚山広域市 生まれ。YGエンターテインメント 所属
2012年にソウルコレクションでモデルデビューしました。(身長は187cm)
モデルとして活躍しながら2014年に【大丈夫、愛だ】で俳優デビューも果たし、数々の作品に出演しています。
人気絶頂の最中ですが、2021年8月より兵役に入り2023年2月に除隊予定です。

≪主な出演作品≫
【大丈夫、愛だ】、【カノジョは嘘を愛しすぎてる】、【ゴー・バック夫婦】、【マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜】、【ここに来て抱きしめて】、【キル・イット 〜巡り会うふたり〜】、【Born Again】、【こんにちは? 私だよ!】、【九尾の狐とキケンな同居】、【今、別れの途中です】

ソル・ジファン 役・・・イ・ジェウク

ヒョンが夢中になっているドラマに出演中の無名俳優。

撮影中にヒョンの勘違いからケガをさせられたことをきっかけに親交を深める。

俳優とファンという関係から徐々に恋の相手としてお互いに意識するが、兵役で離れる事になる。

–イ・ジェウク–
1998年5月10日 ソウル特別市 生まれ。C-JeSエンターテインメント 所属
2018年に【アルハンブラ宮殿の思い出】で俳優デビュー。本作でメインキャストに抜擢され注目されるようになりました。
2020年の【ドドソソララソ】では、相手役のAraさんと共に初主演を務めました。
不器用で真面目な青年がハマリ役の、今後の活躍が期待される若手俳優のひとりです。

≪主な出演作品≫
【アルハンブラ宮殿の思い出】、【偶然見つけたハル】、【天気がよければ会いにゆきます】、【ドドソソララソ】、【女神降臨】

その他の出演者

  • ミン・ホンジュ(ブライアン) 役:クォン・ヘヒョ・・・タミをスカウトした『Baro』の代表
  • オ・ジヌ 役:チ・スンヒョン・・・ガギョンの夫でKUグループ会長の次男で映画製作会社社長
  • チャン・ヒウン 役:イェ・スジョン・・・KUグループ会長でガギョンの姑。総理大臣とも裏で繋がり権力を持つ。
  • ユン・ヨンジョン 役:イ・ジハ・・・大学教授。モゴンの産みの母。
  • ナ・インギョン 役:ユ・ソジン・・・タミを解雇した『ユニコン』の代表
  • ピョ・ジュンス(マシュー) 役:キム・ナムヒ・・・『Baro』のゲーム事業本部長。タミの若き頃の元カレで現在はヒョンと恋愛中のはずだったが、有名インフルエンサーと二股が発覚する
  • チェ・ボンギ(ジョセフ) 役:ウ・ジヒョン・・・『ユニコン』の元社員でタミを慕って『Baro』の社員となる。
  • チョ・アラ(エリー) 役:オ・アヨン・・・タミの『ユニコン』時代のカフェの店員。優秀だが学歴がない為に就職浪人中だったが、タミが『Baro』のチームに引き抜き連れて行った。
  • ホン・ユジン(ジェニー) 役:ハ・スンリ・・・『Baro』の開発チーム長でハッキングが得意。
  • チェ・ジョンフン(アレックス) 役:ソン・ジホ・・・『Baro』のマーケティングチーム長。

韓国ドラマ【恋愛ワードを入力してください】のあらすじ

韓国ドラマ【恋愛ワードを入力してください】の邦題には副題があり、正式なタイトルは【恋愛ワードを入力してください~Search WWW~】です。

特に草が生える内容というわけではなく、韓国の大手ポータルサイトを舞台に描かれるストーリーなのでワールドワイドウェブの略になります。

原題はもっとシンプルで【検索ワードを入力してください】ですが、主人公たちがポータルサイトの「急上昇ワード」に翻弄される物語なので、原題の方が絶対にシックリきます。

主人公タミ(イム・スジョン)と年下彼氏モゴン(チャン・ギヨン)との恋愛も見どころの1つではありますが、この作品の主人公はタミとヒョンとガギョンというアラフォーのバリキャリ女性3人です。

仕事に生きる女性たちが、プライベートでは恋愛関係や人間関係に悩み葛藤する姿が描かれています。

日々、仕事に恋愛に頑張っている女性におすすめしたい作品です。

途中、主人公たちの苦悩や葛藤に共感をしながらもラストシーンでは爽快な気分になること間違いなしです。

『ユニコン』のサービス戦略本部長を務めるタミは、常に急上昇ワードを意識する毎日を送っていました。

ユーザー占有率1位を誇る『ユニコン』を常に追う存在は『Baro』ですが、『ユニコン』が首位の座を『Baro』に渡した事は一度もありませんでした。

そんな『ユニコン』でしたが、ある日急上昇ワードの操作をしたという疑惑が上がります。

それは次期大統領選に関わる重要な内容に関するワードでした。

タミは『ユニコン』と深く関わりのあったKUグループの介入があったのではないかと疑います。

KUグループの会長は、タミの上司にあたるガギョン(チョン・ヘジン)の姑にあたり『ユニコン』を裏で牛耳っている存在でした。

上司のガギョンはタミが入社当時から仲が良かった先輩でした。

しかし、ガギョンが実家のためにKUグループの次男と政略結婚をしてから、ガギョンが会長の犬として『ユニコン』で働くようになりすっかり人格も変わってしまったため、以前のような親しい間柄ではなくなってしまいました。

急上昇ワード操作の件でガギョンと意見が衝突したタミは、会社帰りにストレス発散のためゲームセンターに行き、格闘ゲームに燃えます。

向かう所敵ナシだったタミの前に、タミよりめちゃくちゃ強い敵が現れました。

ゲームセンターで知り合い、対戦ゲームで歯が立たなかった相手とタミはお酒を飲み、酒の勢いでひと晩を共にしてしまいます。

翌朝、目覚めたタミは、若すぎる青年とのワンナイトを悔い、相手が起きる前にその場を後にしました。

それからしばらくして、タミは『ユニコン』内でワンナイトしてしまった青年と偶然、再会を果たします。

青年の名は、パク・モゴン(チャン・ギヨン)といってゲーム音楽制作会社の代表で、『ユニコン』には仕事で来ていました。

タミは知らないフリをしようとしましたが、モゴンはひと晩の関係で終わらせるつもりはなく猛烈にタミにアプローチをしてくる存在です。

同じころ、『ユニコン』は急上昇ワード操作のことで、聴聞会にかけられることになっていました。

その聴聞会へ上からの命令で出席する事を命じられたタミは「ユニコンは急上昇ワードの操作をしています」と発言し、会社からは解雇されてしまいます。

不服にも『ユニコン』を解雇されたタミの元には、ライバル会社の『Baro』の代表ブライアン(クォン・ヘヒョ)から直々のスカウトが入り、タミは『Baro』へ転職する事になりました。

タミは『ユニコン』から占有率1位を奪還するための戦略チームのチーム長として迎い入れられ、チーム一丸となって半年以内に『Baro』を占有率1位にする事を求められました。

『Baro』の戦略チームはブライアンが招集したチャ・ヒョン=スカーレット(イ・ダヒ)をはじめとする『Baro』の精鋭たちに加え、タミが『ユニコン』から連れてきたチェ・ボンギ=ジョセフ(ウ・ジヒョン)とチョ・アラ=エリー(オ・アヨン)が加わりました。

『Baro』は自由な社風で、社内ではそれぞれを英名の通称で呼び合うことや、役職に関係なく敬語で話す事が義務付けられていました。

タミはそのまま『タミ』という通称で呼んでもらう事となり、『Baro』での新しい生活がスタートしました。

その一方でタミはプライベートでは、ワンナイトの相手モゴンから積極的なアプローチを受けています。

タミとモゴンは10歳の年の差があり、年齢をまったく気にしていないモゴンに対し、タミはいい年して雰囲気でワンナイトをしてしまった事を恥ずかしいと思っていました。

モゴンには惹かれるものの、仕事で戦争のような日々を過ごす中で恋愛をする余裕はないとも思っていました。

現在、38歳のタミは仕事に生きる女性で、以前から非婚主義者でした。

4年ほど前に別れた男性とも真剣に交際をしていましたが、結婚を考える相手と意見が交わることはなく別れを選択する事になりました。

非婚主義のタミは、モゴンの将来を思うと一歩踏み出す事ができずにいました。

しかし、どうしようも惹かれあう二人は交際をスタートさせます。

モゴンと恋愛関係になっても、タミは『Baro』では戦士でした。

鎧を着て孤独に戦う事に慣れていたタミは、辛いめに遭いながらもモゴンに本心を語らない(語れない)こともあります。

タミの仕事のやり方に疑問を持ち、最初は互いにけん制し合っていたスカーレットとも仕事を通じてやがて認め合う仲になります。

チーム一丸となって『ユニコン』からの1位奪還を目指します。

スカーレットことヒョンは、ガギョンの高校時代の後輩で二人は今でも仲が良い間柄でした。

ヒョンは柔道ひと筋で元柔道代表選手です。

ある日、男子生徒に絡まれているガギョンを助ける際に負ったケガのせいでヒョンは選手生命を絶たれてしまいまったという過去がありました。

ガギョンは今でもその事を申し訳ないと思っていましたが、ヒョン自身はその事によって柔道から離れた新しい道が見つかり、今、その業界で働けている事に誇りを感じていました。

ヒョンは元柔道選手らしく真っすぐで正義感溢れる女性です。

仕事も一生懸命ですが、ドラマ好きで連続ドラマを本気で楽しんでいました。

ドラマ内に登場する連ドラの内容はかなり滅茶苦茶な内容で、ヒョンは悪役を演じる無名の俳優に注目していました。

ある日、ヒョンが街を歩いていると後方から警察に追われている犯人がこちらに向かって逃げてきます。

正義感溢れるヒョンは、犯人逮捕に協力すべく全速力で逃げる犯人の足を引っ掛け転ばします。

ところが、その犯人は本物の犯人ではなく撮影中の俳優で、ヒョンは俳優に大けがを負わせてしまいました。

俳優はいつもヒョンが観ていたドラマの無名のソル・ジファン(イ・ジェウク)という俳優でした。

ヒョンは自分の勘違いでケガさせてしまったジファンを入院させ、誠心誠意で毎日看病に出かけました。

犯人役を演じていたジファンは、実際にはとても好青年でヒョンはファンになってしまいます。

ジファンはケガによってドラマを降板せざるを得なくなってしまいましたが、ヒョンが監督と交渉し別の役で出演させてもらう事になりました。

ヒョンもジファンもお互いに好意を抱いていましたが、ジファンの人気が出てきた事もありヒョンはファンの1人として一線を引く事に徹します。

一方のジファンもヒョンに一線を引かれてる事に加え、人気が出始めた直後に兵役につくことが決まりヒョンとの関係に一線を引きます。

ところが、ジファンがもう少しで兵役に行ってしまうと聞いたヒョンは自分の気持ちを抑えられなくなります。

ヒョンとジファンの仲はこのあと急展開していきます。

この作品は大手ポータルサイトを舞台にタミがかつて自分を解雇した『ユニコン』から占有率1位を奪うまでを描いたサクセスストーリーがメインの物語です。

フィクションでありながら、実際に行われているかもしれないネット社会に切り込む内容となっていてとても面白い作品でした。

仕事に生きる女性たちの恋愛や葛藤が描かれている事で共感できる部分も多かったし、最後にはそれぞれが勝利するという終わり方で爽快でした。

ただ、タミがなぜ本気で好きな相手との別離を選択せざるを得ないほど、「非婚主義」を貫く理由は最後までわかりませんでした。

しかし、年下の相手が子どもを望んでいる場合、自分が子どもを望まなかったり産めなかったりしたら、相手を思って別離という選択をするのかもしれません。

それをわかりやすく、特に多くは語らずに「非婚主義」という言葉に置き換えているのかなとも思いました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる