【とにかくアツく掃除しろ!】キム・ユジョンとユン・ギュンサンとの身長差にも注目!

とにかくアツく掃除しろトップ

邦題は【とにかくアツく掃除しろ!】に更にサブタイトル的に恋した彼は潔癖王子ってのがついてますが、原題は【まず熱く掃除せよ】です。

主人公を演じるキム・ユジョンさんが体調不良により撮影時期も放送時期も大幅にズレました。

当初、主人公の恋の相手役として出演が決まっていたのはアン・ヒョソプさんでした。

しかし撮影時期が大幅にズレ、他の作品の出演と重なってしまったのでアン・ヒョソプさんはやむを得ず降板します。

その代打として、出演する事となったのがユン・ギュンサンさんです。

結果的には、ユン・ギュンサンさんで良かったのではないでしょうか?

強迫観念症の演技も上手かったですし、ユン・ギュンサンさんの新たな一面が見られてよかったと思います。

しかし、キム・ユジョンさんや母親役のキム・ヘウンさんとの親子関係で考えると年齢的にはアン・ヒョソプさんの方がしっくりはしてましたね。

実際にはキム・ユジョンさんよりも年上のイ・ドヒョンさんが弟役で出演していましたが、イ・ドヒョンさんはちょっとこれから注目したい俳優さんですね。

チョン・ヘインさんを鋭くした感じのイケメンさんです。

目次

韓国ドラマ【とにかくアツく掃除しろ!】の主なキャスト

画像引用元:https://www.bsfuji.tv/tonikakuatuku/

キル・オソル 役・・・キム・ユジョン

バイト生活を送りながら就活を行う就活生。

忙しさのあまり、身なりにも無頓着なズボラ女子。

高校時代に母親が他界してからは、清掃業の父親とテコンドーで韓国代表を目指す弟と共に生活している。

-キム・ユジョン-
1999年9月22日 ソウル特別市生まれ。Awesome Ent 所属
2004年に子役デビューし、以来、映画やドラマなどで活躍しています。
子役時代は、主人公やヒロインの幼少時代を演じる事も多かったです。
子役から脱してから、まず話題となったのはパク・ボゴムさん主演のドラマ【雲が描いた月明り】でした。
すっかり子役から大人の女優へと変化した作品でした。
キュートな笑顔は今でも健在で本作でも衣装やメイクによって雰囲気が変化するユジョンさんの姿を楽しめます。

≪主な出演作品≫
【宮(クン)】、【ニューハート】、【イルジメ〜一枝梅】、【風の絵師】、【トンイ】、【太陽を抱く月】、【秘密の扉】、【ラブリー・アラン】、【雲が描いた月明り】、【コンビニのセッピョル】

チャン・ソンギョル 役・・・ユン・ギュンサン

巷で話題の清掃会社『掃除の妖精』のCEO。

極度の不潔恐怖症の為、人とのコミュニケーションに難がある。

どちらかというとズボラで清潔とは言い難いオソルと関わって行く事で徐々に変化していく。

本人は表立って公表していないが、AGグループの会長であるチャ会長の孫であり後継者である。

-ユン・ギュンサン-
1987年3月31日 全羅北道全州市生まれ。HOOXIクリエイティブ 所属
ユン・ギュンサンさんといえば、まず高身長があげられます。192cmあり高身長が多い韓国俳優陣の中でもトップクラスです。
見た目がシベリアンハスキーに似てる事からシベリアユンスキーと呼ばれていた事もありました。
しかし、どうやらご本人は猫派のようで自身のInstagramは、一緒に暮らす猫たちと共に写る写真であふれています。

≪主な出演作品≫
【シンイ-信義-】、【ピノキオ】、【六龍が飛ぶ】、【ドクターズ~恋する気持ち】、【逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-】、【おしえて!イルスン】、【緑豆の花】、【ミスター期間制】

チェ・ハイン 役・・・ソン・ジェリム

ある日、オソルの一家が暮らす家の屋根部屋に越してきた青年。

たまに屋根部屋に押し掛ける女性がいる事からモテてるようだが、常にジャージ姿でフラフラとしていて定職がないよう?だが、何かとオソルの事を気遣ってくれる存在。

-ソン・ジェリム-
1985年2月18日 全羅北道全州市生まれ。プロダクションGRAND ANSE 所属
こちらも猫と暮らす男性のようです。
ソン・ジェリムさんはモデルとしてデビューし、韓国人としてはじめて日本で『MEN’S NON-NO』や『POPEYE』のメインモデルとして起用され活躍しました。当時は、Jay Songとして活動していました。
同じ頃、俳優としての活動もはじめドラマ【太陽を抱く月】に出演した事が俳優としての知名度を上げる事に繋がりました。

≪主な出演作品≫
【美男<イケメン>ラーメン店】、【太陽を抱く月】、【ネイルサロン・パリス】、【グッバイ ミスターブラック】、【奥様はサイボーグ】、【秘密の女たち】、【君の歌を聴かせて】

キル・オドル 役・・・イ・ドヒョン

オソルの弟でテコンドーで韓国大学への入学と韓国代表になる事を目標にしている。

感情的になりがちなイマドキの男子高生で、オソルの親友の

-イ・ドヒョン-
1995年4月11日 京畿道高陽市生まれ。YUE HUA Entertainment 所属
こちらは犬派のようで、ウェルシュ・コーギーと共に暮らしているそうです。
2017年に【刑務所のルールブック】で俳優デビューしました。
まだ、デビューして数年なので出演作品は少ないですが、着実に俳優街道を歩んでいる今後更なる活躍が期待される若手俳優です。

≪主な出演作品≫
【刑務所のルールブック】、【30だけど17です】、【ホテルデルーナ】、【ドラマスペシャル:スカウティングレポート】、【Sweet Home】、【18アゲイン】

キル・ゴンテ 役・・・キム・ウォネ

オソルとオドルの父親。妻が亡くなってからシングルファーザーとして二人を育てた。

長年清掃業で生計をたててきたが、突然、解雇され無職に・・・。

出張で車洗浄の仕事をはじめる。

-キム・ウォネ-
1996年4月6日 京畿道高陽市生まれ。SSGG Company 所属
1991年にデビューしたベテラン俳優。
長い間、無名の時代を過ごしましたが現在は、名バイプレーヤーとして様々な作品で見かけます。
本作のように子供思いの優しいお父さん役からコミカルな役まで色々な役をこなします。

≪主な出演作品≫
【応答せよ1994】、【ミセン~未生~】、【シグナル】、【おひとりさま~一人酒男女~】、【花郎(ファラン)】、【力の強い女ト・ボンスン】、【クリミナル・マインド】、【私だけに見える探偵】、【僕を溶かしてくれ】、【スタートアップ:夢の扉】

その他の出演者

  • ミン・ジュヨン 役:ドヒ・・・オソルの親友
  • チャ・メファ 役:キム・ヘウン・・・ソンギョルの母親
  • チャ会長 役:アン・ソクファン・・・ソンギョルの祖父でAGグループ会長
  • ヤン会長 役:ソン・ビョンホ・・・メファの恋人
  • クォン秘書 役:ユソン・・・ソンギョルの秘書でソンギョルと対立するチャ会長とも密かに繋がっている
  • イ・ドンヒョン 役:ハク・ジン・・・掃除の妖精の社員でチームリーダー
  • ファン・ジェミン 役:チャ・イナ・・・掃除の妖精で働いている役者志望
  • チョン・ヨンシク 役:キム・ミンギュ・・・掃除の妖精の社員

韓国ドラマ【とにかくアツく掃除しろ!】のあらすじ

チャン・ソンギョル(ユン・ギュンサン)はお掃除ロボットのクムジャさんがフル稼働する高級マンションの一室で独り暮らしをしていました。

AGグループの後継者として幼少期から祖父の期待を一身に背負い、厳しく育てられたソンギョルはいつしか他人と普通に関わる事ができない不潔恐怖症を患うようになってしまいました。

汚いモノが苦手なソンギョルは世の中全てをクリーンにすべく清掃会社『掃除の妖精』を自ら設立し、彼の会社から派遣されるイケメン揃いの清掃隊はとても話題となっていました。

ソンギョルの不潔恐怖症はかなり重症なもので、家族の訪問すら拒むほどでした。

しかし、何かとソンギョルに関わりたい母親(キム・ヘウン)はソンギョルの制止にも負けずに部屋に入り込みます。

玄関ドアが開けっぱなしだった為に掃除ロボットのクムジャさんは部屋を出てしまいます。

タイミングよくエレベーターのドアも開いてしまった為、エレベーターに乗ってロビーに降りてしまいました。

そして更にタイミングよくマンションのロビーのドアも開いてしまった為、クムジャさんは掃除をしながら街に出ていってしまいました。

近所のごみ置き場に辿り着いたクムジャさんは、そこで止まってしまいます。

ゴミ置き場にあったクムジャさんを見つけたのは、たまたま通りかかったキル・オソル(キム・ユジョン)です。

「まだまだ使えそうなお掃除ロボットを捨てるなんてもったいない!」と思ったオソルはお掃除ロボットをリュックに詰めて自宅に持ち帰りました。

その頃、ソンギョルは家からいなくなってしまったクムジャさんを必死で探していました。

お掃除ロボットとしては少々古かったクムジャさんですが、ソンギョルにとってはとても大切な物でした。

ソンギョルは母親代わりの乳母に育てられました。

幼い頃から祖父には厳しく育てられ、恋多き母親はソンギョルの元には居なかったのでいつも寂しい想いをしていました。

乳母だったクムジャさんがソンギョルが頼れる唯一の大人だったのです。

そのクムジャさんは不治の病で倒れてしまい、もう自分はソンギョルの世話をやいてあげられないと最後にプレゼントしてくれたのがお掃除ロボットで、そのロボットにクムジャさんと名付けたのです。

大人になったソンギョルはソンギョルを後継者と考え厳しく育ててきた祖父に反発し、家を出て事業をはじめ1人で暮らしていました。

お掃除ロボットのクムジャさんはソンギョルにとって唯一の家族のような存在だったのです。

どうしてもクムジャさんを取り戻したかったソンギョルは付近のCCTVで隈なく探し、クムジャさんを持ち去った人物が写っていた映像を見つけます。

そして、クムジャさんに懸賞金をつけ返却してくれる旨を記したポスターを街中に貼りました。

クムジャさんを拾ったオソルは就職難でなかなか就職できずに悩んでいました。

オソルの父親(キム・ウォネ)は、オソルがまだ高校生だった頃に妻を事故で亡くして以来、男手ひとつでオソルとその弟のオドル(イ・ドヒョン)を育ててきました。

ずっと清掃業を営んできましたが、突然リストラされてしまいます。

子供たちには普通の会社に就職して仕事をしてほしかった父親は、いつも子供たちに清掃業には就くなと言っていました。

高校生のオドルはテコンドーで国家代表に選ばれそうなほど、名を馳せていました。

大学もテコンドーで韓国大学にスカウトされそうな程でした。

一方のオソルは、高校まではハードルの選手として活躍していましたが、母親が亡くなって以来ハードルはすっかりやめてしまいました。

それまでスポーツ一色だったオソルは勉強が出来る訳ではなかったので、就職するのもとても大変な事でした。

何社も書類を送っても書類すら通らない事も多く、面接にいっても得意なものがないオソルは不採用通知を受け取るばかりでした。

ある日、清掃会社の採用基準が体力勝負だと知ったオソルは採用試験を受けに行きます。

体力に自信のあったオソルは試験で好成績を残し、清掃会社の採用試験に合格し働く事になりました。

その清掃会社の名前は「掃除の妖精」。

つまりは、ソンギョルが経営する清掃会社でした。

オソルが入社して「掃除の妖精」のCEOソンギョルと顔を合わせた時、2人はお互いに驚きます。

なぜならば、クムジャさんの事だけでなくトラブルによってオソルがソンギョルに貸しがあるというあいだ柄だったからです。

家計を助ける為に常に忙しかったオソルは自分の身なりに構う事なく不潔だったので、ソンギョルのオソルに対する印象はとても悪く絶対に関わりたくないと思っている相手でした。

そんなオソルでしたが、新入社員の採用試験でオソルを見出したクォン秘書(ユソン)の強い勧めもあり、オソルは働く事になりました。

クォン秘書は「掃除の妖精」を設立した当初からソンギョルの右腕として尽力してきた秘書でソンギョルの病気の事も理解し、カバーする秘書です。

「掃除の妖精」はチームで動きますが、オソルはチームの先輩に学びながら清掃業を楽しんでいました。

しかし、自分が清掃業をしている事は家族には報告できずにいました。

ソンギョルは重なるストレスによって不潔恐怖症の症状が悪化していました。

以前アメリカで治療を行ってくれた医師の弟子が韓国にいる事がわかり、クォン秘書が探し出しソンギョルはカウンセリングを受ける事になります。

チェ・ダニエルはアメリカから帰国したばかりの謎多き医師でした。

ソンギョルはダニエル医師に電話で度々カウンセリングを受けます。

ソンギョルの相談内容の中にはオソルの事も含まれていました。度重なるトラブルにより、オソルとはキスを交わしたり、脚立から落ちたオソルをソンギョルが受け止めたりと、ソンギョルにとって不意の信じられない事が度々起こったからです。

誰にも触れられず誰とも関わらなかったソンギョルはあれだけ不潔だと遠ざけていたオソルには触れる事ができ、関わりたいと思う様に変化していたのです。

ダニエル医師には「不潔恐怖症に唯一説明のつかない例外があるとするならば、恋だろう」というニュアンスの事を言いました。

謎に包まれたダニエル医師ですが、実はこの人物はソンギョルもオソルも良く知る人物でした。

オソル一家が済む家の屋根部屋に住む青年チェ・ハイン(ソン・ジェリム)はオソルの父親にも気に入られていて、一緒にオソルの家でゴハンを食べる仲でした。

オソルの事もいつも気遣って励ましてくれる優しい青年でした。

しかし、出勤をするそぶりもなく家にいる事が多いのでオソルたちはハインはプー太郎だと思っていました。

ある日、大学に通うオソルの親友のジュヨン(ドヒ)から「大学内でスゴイ人が講演しているからすぐ来て」と呼び出され、大学に迎います。

そこで講演を行っていたのは、ダニエルと名乗るチェ・ハインでした。

チェ・ハインはプー太郎ではなく、著名な心理医ドクターチェでした。そして、ソンギョルのカウンセリングを行っていた医師だったのです。

ハインはまだアメリカに渡る前にオソルに借りがありました。

その事にオソルは気づいていませんでしたが、ハインにとってはオソルは大きな存在でオソルに会う為に韓国に戻ったのです。

まだ若かったハインは生活の為にやりたくない仕事をしていました。

当時、地元住民たちの反対を押し切る形でAGグループが町の再開発を進めていました。

その町はオソルたちが暮らす町でした。オソルの両親も町の人たちと共に反対運動をしていたのですが、ハインはAG側の要員として反対する町の人たちを制圧する側にいたのです。

仕事とはいえ、その立場にいなけらばならないハインは心身共に疲れていました。

通りかかった女子高生が、微笑みながらハインに持っていた乳酸飲料を差し出しました。

敵であるハズのハインに乳酸飲料を差し出した女子高生はオソルだったのです。

オソルもオソルの母親も困ってる人を見かけたら誰にでも分け隔てなく優しくする事を信念にしていました。

生活の為、やりたくない仕事ですり減っていたハインを見かけ、元気を出すように乳酸飲料を渡したのです。

ハインはオソルの優しさに元気をもらいました。

町の人が反対運動を続ける中、強行的に再開発の工事は進んでいきました。

ある日、再開発によって大きな事故が起きます。町の人が数人巻き込まれ亡くなりました。

犠牲者の中にはオソルの母親もいました。

アメリカに渡り医師となったハインは韓国に帰国し恩返しをする為、オソルに会う為に自分の事は明かさずにオソルの家の屋根部屋に引っ越してきたのでした。

一方、母親をAGグループによって失ったオソルでしたが、『掃除の妖精』に入社し徐々にソンギョルと惹かれあう仲になっていきます。

オソルはソンギョルがAGグループ会長の孫である事、ソンギョルはオソルの母親があの事故の被害者だったという事実を知らないまま、深く愛し合うようになっていました。

しかし、やがて2人の関係性が明らかになると、互いに別離を選択するしかなくなってしまいます。

別れた2人はそれぞれの道を歩み始めます。その後、再会する事になった2人はどんな選択をするのでしょうか。

タイトルからして、単なるラブコメディだと思い見始めたのですが意外な重い展開に「あれっ!?思ってたんと違う」状態でした(笑)

中盤からは、見てる側も辛くてシンドイ状態になり切なかったですが、最後は何とか救われた物語でした。

ソンギョル役のユン・ギュンサンさんの新たな一面を見れたのでよかったです。

【とにかくアツく掃除しろ!】を視聴できるおすすめサービス(2021年3月末現在)

  • U-NEXT・・・月額 2,189円(税込)/無料トライアル31日間
  • dTV・・・月額550円(税込)/無料トライアル31日間

どれでも見放題プラン内で視聴する事ができます。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTまたは、その他のサイトにてご確認ください。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる