この夏は、BTSといっしょにButterで溶けちゃうような恋をしようよ!Yeah

BTSButterのトップ画像

2021年5月21日にリリースされたBTSのNEWシングル『Butter』(バター)が早くも話題沸騰です!

6月2日公開のbillboard(ビルボード) HOT100でも1位を獲得しました!

BTSといえば、前回の『Dynamite』(ダイナマイト)もまだまだヒット中で、リリース直後の24時間のMV再生回数で新記録を記録した事は、記憶に新しいです。

しかし、新曲『Butter』のMVの24時間再生回数は、その『Dynamite』の再生回数を更に上回る数字で新記録を樹立しました!

総再生回数は、もうすぐ2.9億回に到達しそうです。

今回は、『Butter』のMVに着目し、BTSメンバーを登場順に特徴も踏まえて紹介していきたいと思います。

目次

BTSのニューシングル『Butter』とは?

画像引用元:http://ekr.chosunonline.com/

先ほどもお伝えした通り、BTSの『Butter』は『Dynamite』のリリースから約10か月ぶりのリリースとなるデジタルシングル曲です。

『Butter』のリリース前のプロモーションの仕方も斬新でした。

BTSのYouTubeチャンネル『BANGTANTV』にて調理音をバックに1時間かけてBTSマークの黄色い立方体が少しずつ溶け出し、すべて溶けきったところで「Butter 2021.5.21 13:00 KST|00:00 EST」の文字が映し出されました。

そして5月21日にリリースした『Butter』ですが、夏には『Butter』フィジカル盤が韓国内外で順次発売される予定です。

『Butter』がどんな曲なのかと言いますと、リリース記者会見でジミンくんが「Butterのように柔らかく溶けて 君の心を掴みたい かわいい告白ソングだと思って頂ければ」と言っていました。

心地良いディスコ調のサマーソングとして、この夏、いろいろなシーンで聞く事ができそうですね!

歌い始めは、♪Smooth like butter Like a chriminal undercover

直訳すると、「バターみたいになめらかに まるで犯罪者の潜入捜査官のように」ですが、スラングみたいなもので「ぬかりなくやるよ まるで犯人を逮捕するおとり捜査みたいに」と訳すと、どんな歌か理解しやすいです。

『Butter』は、恋した相手を自分の魅力で振り向かせるという内容の歌詞です。

充分すぎるくらいにBTSの魅力を感じているARMYたちを、さらに「ズッキューン」させる歌ですね。

『Dynamite』に続く、全編英語の歌詞ですが主にラップ部分の歌詞については、元々の歌詞をリーダーのRMとSUGAがBTSっぽい感じに書き換えてるそうですよ!

『Butter』の作曲・作詞には韓国アイドルの英語曲を多く手掛ける人々が多数関わっています。

『Dynamite』はグラミー賞にノミネートされながらも受賞を逃したので、『Butter』で再びグラミー賞を狙うものと思います。

結局のところグラミー賞は歴史上、英語以外の外国語の曲が受賞したという前例がないというのが、BTSが英語曲を歌う理由の一つだと思います。

BTSってどうやって誕生したの?

BTSってどうやって誕生したの?を今更聞けない人の為に、超カンタンに説明していきます!

それには、まずBTSと共に成長をした所属事務所の『Big Hit Entertainment』を語る必要があります。

『Big Hit Entertainment』は、2021年3月31日に社名を『HYBE』(ハイブ)と変更しています。

社名変更と共に『HYBE』の傘下となる『BIGHIT MUSIC』というレーベルが新設され、現在、BTSはこの『BIGHIT MUSIC』の所属アーティストという事になります。

他には、BTSの弟分にあたるTOMORROW X TOGETHER(TXT)が所属しています。

『Big Hit Entertainment』の創設者で『HYBE』のCEOは、作曲家でもあるパン・シヒョクさんです。

パン・シヒョクさんは、『Big Hit Entertainment』を設立する前はJYPエンターテイメントつまり日本でもおなじみのJ.Y. Parkことパク・ジニョンさんの下で作曲家、編曲者、プロデューサーなどをしていました

そのパン・シヒョクさんが独立して、2005年に設立したのが『Big Hit Entertainment』です。

『Big Hit Entertainment』は、BTSの成長と共に大きく成長を遂げました。

パン・シヒョクさんは、かつての師匠(JYP)を超して韓国のエンターテインメント業界で唯一のビリオネアとなりました!

2021年3月発表の『2021年の世界の富豪』 (フォーブス)では、パン・シヒョクさんの推定資産額は、23億ドルで7位にランクインしています。

もちろん、これはBTSの人気の賜物です。

BTSがデビューする前にパン・シヒョクさんは、つぎのように発言した事がありました。

「これから音楽シーンで活躍するには、ダンス歌だけでなく自分が作曲プロデュースして完全帯にならないといけない」

現在、世界を舞台に活躍するようになったBTSが正にそういったグループに成長しました。

『Big Hit Entertainment』は、2010年に初のヒップホップグループとなる「防弾少年団」のメンバーを募るため「ヒップホップオーディション HIT IT」を開始しました。

そのオーディションを通じてBTSの現リーダーとなるRMと最初の契約を結びます。

2011年7月、2度目のオーディションを開催し、その年の8月には、RM、SUGA、J-HOPEによる方言ラップ「八道江山」が発表され、メディアに取り上げられた事もありました。

オーディションによって練習生となった中から約30名が「防弾少年団プロジェクト」に参加し、メンバーの入れ替えやコンセプトの変更を繰り返した上で、最終的に現メンバーの7人で2013年にデビューを果たしました。

デビューするメンバーは選抜されてきたわけですが、J-HOPEとジミンはひょっとするとBTSのメンバーとして招集されていなったかもしれないメンバーです。

J-HOPEはBTSのダンスの要ですし、ジミンは色気担当で高音担当なので、この2人がBTSにいないなんて今じゃ考えられません。

招集されてなかったかもしれない理由については後程、メンバー紹介欄で書きたいと思います。

プロジェクト開始当初は、ヒップホップグループとして活動する予定でしたが、ダンスパフォーマンスに重点を置いたアイドルグループというコンセプトに変更しています。

所属事務所は、2018年の10月にBTSとの契約を更に7年更新した事を発表しているので、BTSは2025年までは『BIGHIT MUSIC』所属アーティストとして活動を続けていくことでしょう。

しかし、韓国のアイドルや俳優たちにも平等に訪れる兵役義務が彼らにも迫っています。

最年長のジンは2021年生まれで韓国は数え年なので、満28歳という事らしいのですが、これは兵役に行かねばならぬ年齢にあたります。

『Butter』旋風の最中に入隊なんて事がありそうですね。

入隊に際しては同伴入隊(2人まで可)という制度もあるみたいなので、ジンと同学年のSUGAが同時に入隊って事もあるかもしれません。

兵役に関しては情報が入り次第更新していきたいと思います。

『Butter』MVの登場順にメンバーを紹介!

『Butter』MVの登場順にメンバーを紹介!という事で、MVにアップ(メイン)で登場する順番で各メンバーを紹介していきましょう!

『Dynamite』と違い、『Butter』はモノクロシーンではじまります。

しかし、『Dynamite』も『Butter』も歌いはじめは、両方ともマンネ(末っ子)のジョングクです。

このMVで真っ先に注目されたのが、メンバー全員がそれぞれに掲げたプレートでした。

それぞれ、名前と生年月日が書かれているのですが、その上になんだかよくわからない6桁の数字が並んでいるのです。

Twitter上では、この6桁の数字の持つ意味を予想するツイートで盛り上がりました。

真相はBTSが生配信を行う『V LIVE』にて明かされています。

JINとSUGAはランダムに打った数字だといい、RMの「201904」はグラミーにノミネートされた日、そして昔住んでいたアパートの番号から、J-HOPEの「660660」は韓国のポケベルで「キス」を表す数字、JIMINの「141018」は初めてコンサートを行った日、Vの「000001」は「1位を獲る」という気持ちを表したもの、JUNG KOOKの「110604」はソウルへ行った日を意味していることが明かされた。

引用文:https://mdpr.jp/k-enta/detail/2590423

BTSのプロモーション力は細部に渡るまで本当に素晴らしい!

見る人々全てを引き付ける手法が匠の技です(笑)

「あれ!?これなんだ? 気になって仕方ない」と思わせるのがうますぎますね。

関心したところで、登場順にメンバーを特徴と共に紹介していきましょう!

① JUNG KOOK(ジョングク)

ジョングク-(メインボーカル/リードダンサー

  • 本名:チョン・ジョングク전정국
  • 生年月日:1997年9月1日
  • 出身地:釜山広域市
  • 身長・体重:178cm・61kg
  • 血液型:A型
  • 特技:ゲームなど
  • 学校:グローバルサイバー大学在学中

ジョングクは、BTSの中で一番年下で「黄金マンネ」と呼ばれています。

正統派のイケメンに均整のとれたボディと見た目にも華やかな上、抜群の身体能力でダンスも歌も熟す事が所以です。

あまり勉強は得意でなかったようですが、トークを聞いていてもバカな感じは全然ありません。


今回紹介している『Butter』も全作の『Dynamite』も歌い始めは、ジョングクです。

ジョングクで「つかみはOK!」みたいな事ですね。

パートはメインボーカルですので、MV中もメインで映る機会が一番多いメンバーです。

メインボーカルなので、歌が上手いのは当然なのですがジョングクは歌ウマさんが覆面姿で登場し対戦する番組『覆面歌王』にも出場した事があります。

ブラインドテスト的な方法で上手さを競い合う『覆面歌王』は覆面姿がシュールなのと、時々、あっと驚く人も登場する面白い番組です。

衣装の袖元からチラリと見える右手の甲のタトゥーですが、普段はあまり見る事のない右腕にもビッシリと色々な文字が刻まれています。

ジョングクは10代の頃にBTSでデビューしているのですが、以前から「20歳になったらタトゥーを入れたい」と話していたそうです。

そんなジョングクがタトゥーを刻みはじめたのは、2019年頃です。

一番目立つ右手甲のMP部には、「ARMY」の文字が刻まれています。

これは、もちろんBTSファン「ARMY」の事ですが、注目すべきは「A」の文字の横棒がない事で逆さまにすると「V」と読める事です。

「V」はメンバーのVのこと、そして「ARMY」の「RM」はリーダーのRM、「MY」はSUGAの本名(ミン・ユンギ)のイニシャルです。

3人のJさん(ジン、ジミン、ジョングク)はどこに行ったかというと、薬指に「J」の文字が刻まれています。

その他、BTSのデビュー日「0613」やARMYにはおなじみの「紫色のハート」も刻まれています。

ジョングクの右手は、BTS愛に溢れているという事ですね。

右腕には座右の銘などメッセージ性の強い文字が刻まれています。

なかなか目にする機会はありませんが、二の腕あたりに「花様年華」の文字も刻まれているようです。

花様年華」には、人生で最も美しい瞬間という意味がありますが、BTSが大きく飛躍するきっかけになったアルバムのタイトルでもあります。

BTSの中ではVと共にビジュアル担当と呼ばれ、映画評論サイトTC Candler発表の2019年『世界でもっともハンサムな顔100人』で1位、2020年のランキングでは2位に輝いています。

② V(ヴィ)

-V-(サブボーカル/リードダンサー

  • 本名:キム・テヒョン김태형
  • 生年月日:1995年12月30日
  • 出身地:大邱広域市
  • 身長・体重:178cm・63kg
  • 血液型:AB型
  • 特技:写真、美術鑑賞など
  • 学校:漢陽サイバー大学大学院に在学中

『Butter』MVではジョングクの次に登場します。

先ほど紹介したジョングクと共に、BTSのビジュアル担当と呼ばれています。

映画評論サイトTC Candler発表の『世界でもっともハンサムな顔100人』では、2017年、2020年、2021年第1位に輝いています。

芸能人との交友関係が広い事でも有名で、特に『花郎』で共演したパク・ソジュンさんやパク・ヒョンシクさんとウガ会なる会を結成しています。

ファンの間では「四次元」や「5歳児」と呼ばれる事もあり、ときどき突拍子もない言動で周りをびっくりさせる事もある不思議チャン系です。

デビュー当時から圧倒的なビジュアルとパフォーマンス力も備え、いち早くVの才能を見出していた所属事務所は、他の事務所に奪取されないようにBTSデビュー直前まで最終兵器としてVを公表していませんでした。

先ほども書きましたが、Vは『花郎』という作品で俳優デビューもしています。

BTSの活動が忙しい事もありそれ以降は、俳優業は行っていませんがまた俳優としての活動もみたいです。

プライベートではポメラニアン(ブラック・タン)のヨンタンを飼っています。

ヨンタンは、韓国語で練炭の事です。

【花郎<ファラン>】を視聴できるおすすめサービス(2021年6月末現在)

  • U-NEXT・・・月額 2,189円(税込)/無料トライアル31日間
  • dTV・・・550円(税込)/無料トライアル31日間
  • ABEMAプレミアム・・・月額 960円(税込)/無料トライアル2週間

どちらも見放題プラン内で視聴する事ができます。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTほかそれぞれのサイトにてご確認ください。

③ JIN(ジン)

-ジン-(サブボーカル

  • 本名:キム・ソクジン김석진
  • 生年月日:1992年12月4日
  • 出身地:大邱広域市
  • 身長・体重:179cm・60kg
  • 血液型:O型
  • 特技:食べる事、ゲーム、スーパーマリオグッズコレクター
  • 学校:漢陽サイバー大学大学院に在学中

BTSの長男・ジンは『Butter』では、みんながプレートを抱えているシーンのセンターで登場します。

長男でありながら寛容なので、弟たちからのからかいにも動じません(笑)

頼りなさそうな感じもありながらも、いつでも弟たちを気遣いながらフォローする優しい兄的な存在ですね。

自身で頻繁に「ワールドワイドハンサム」と言っていますが、ちょっとしたネタ風になってます。

BTSメンバーでありながら、オヤジギャグ炸裂のだいぶ面白いキャラクターです。

食べる事が趣味の一つなので、『EAT JIN』という自身の配信番組も持っています。

口の中が広いのかリスのようにモグモグと食べるモッパンにくぎ付けなファンも多いようです。

また、Vと共に参加した『花郎』のOST曲、『죽어도 너야』(死んでも君だよも好評でした。

④ JIMIN(ジミン)

-ジミン-(リードボーカル/リードダンサー

  • 本名:パク・ジミン박지민
  • 生年月日:1995年10月13日
  • 出身地:釜山広域市
  • 身長・体重:173.6cm・60kg
  • 血液型:A型
  • 特技:音楽鑑賞、アニメ、ネットサーフィン
  • 学校:漢陽サイバー大学大学院に在学中

『Butter』のMVでは、サビ部分で全員が揃ってるシーンのジョングクと入れ替わりにセンターで登場します。

一人だけ、シャツもスーツも真っ白な出で立ちなんでわかりやすいですね。

MVでは、金髪にパープルがかった色が入ってると思ったら静止画で見るとパープルだったりブルーだったりもっと複雑に色が混入していましたね。

ジミンはBTSの魅力担当とも呼ばれ、色気を帯びたメイクやファッションが特徴です。

リードボーカルを担当していますが、高音域で歌い方もどことなく艶っぽいので特徴があってわかりやすいと思います。

Vと同学年で、Vとジョングクとジミンはマンネラインと呼ばれたりします。

アニメでは『ワンピース』が大好きで、ゾロに憧れて剣道をはじめ8年間習っていたそうです。

また、J-HOPEことホソクとはウマが合うらしく他のメンバーたちが一人暮らしをする中、ジミンとJ-HOPEは現在も一緒に暮らす仲なのだとか・・・。

先ほど、書きましがジミンはひょっとしたらBTSのメンバーになっていなかった可能性がありました。

デビュー当初はヒップホップ路線で行こうと思っていたBTSにはジミンのキャラクターは合わないというのが理由だったようです。

練習生期間が約13か月と短かったのですが、その間にメンバーからは8回以上も選抜から外されそうだったみたいです。

今ではBTSで一番覚えやすいキャラクターなので、BTSの顔といっても良いくらいだと思います。

今では、ジミンがいないBTSなんてとても考えられません。

メンバーたちから練習の鬼と呼ばれるくらい、人一倍練習する努力家で努力の末にメンバーの座を勝ち取ったという事でしょう。

⑤ SUGA(シュガ)

-SUGA-(リードラッパー

  • 本名:ミン・ユンギ민윤기
  • 生年月日:1993年3月9日
  • 出身地:大邱広域市
  • 身長・体重:174cm・57kg
  • 血液型:O型
  • 特技:写真

『Butter』MVでは、2回目のサビ後のラップ部分からアップで登場します。

見てもおわかりの通り色白のジミンよりも更に色白です。

「SUGA」という名前になったのも、白い砂糖(sugar)からきているという噂もあります。

色白なのは、外に殆ど出ないからなのかもしれません。

基本的に出不精家かテレビ局か事務所の作業室にいる事が殆どみたいです。

食べることも面倒臭いというくらいの面倒臭がりみたいですが、意外にも好き嫌いはないのだとか。

俊足でスポーツも得意なようですが、バスケットボールが好きという事でやっぱりインドア派です。

ポジションがシューティングガードだった事から、SUGAになった説もあります。

小学6年生の時に音楽に目覚め、MIDIを使用して音楽制作をはじめたようです。

基本的に1つの事に没頭して追求していくタイプなのかもしれません。

EPIKHIGHなどの影響を受け、ヒップホップ系のアーティストとしてアンダーグラウンドで活動を行っていました。

その後、オーディションを経て現事務所に入りましたが、本人は音楽プロデューサーになろうと思ってBigHitに入ったようです。

BTSの一員としてデビューしましたが、BTSではRMと共に音楽プロデューサーとしても参加する事も多いです。

他のメンバーが良く喋るので、必然的に口数が少ないイメージもありますが、トーク力は長けていてライブなどのMCには定評があります。

⑥ RM(アールエム)

-RM-(リーダー/メインラッパー

  • 本名:キム・ナムジュン김남준
  • 生年月日:1994年9月12日
  • 出身地:京畿道高陽市
  • 身長・体重:181cm・64kg
  • 血液型:A型
  • 特技:インターネット、食べ歩き、文章を書くetc

『Butter』MVでは、2回目のサビ後のラップ部分のSUGAの次に登場します。

BTSでは、長男たちと末っ子たちの中間の年齢ですが、BTSの肝となるリーダーがRMです。

RMはグループ内で1番身長も高く、1番IQも高い事で有名です。

そして、防弾少年団(BTS)のメンバーを募るオーディション以前に、すでにBigHitの練習生でした。

当初、BTSはヒップホップグループとしてデビューする予定だったのでオーディションは、すでに練習生だったRMとの対戦形式で行われたんだそうです。

防弾少年団はRMを中心にヒップホップグループとして招集されました。

メンバー最年少のジョングクは事務所見学に来た際にRMのラップの格好良さに圧倒され、入所を決めたみたいですよ。

RMは、RapMonsterから来ています。

そして、RMがヒップホップに目覚めたきっかけもSUGA同様にEPIKHIGHでした。(たしかにEPIKHIGHは素敵だ)

音楽プロデューサーとしての一面も持ち、独学で学んだという英語力で海外活動の時は、通訳としての役割の果たすRMはメンバーにとってもとても頼れるリーダーです。

しかし、基本的にせっかちらしく散らかし癖があったり物を良く無くすのでポンコツな一面もあるようです。

よく物を壊すので破壊王の異名もありますが、壊したものはSUGAが修理する役みたいです。

完璧すぎないところも、愛される理由の一つだと思われます。

Lastは、J-HOPE(ジェイホープ)

-J-HOPE-(メインダンサー/リードラッパー

  • 本名:チョン・ホソク정호석
  • 生年月日:1994年2月18日
  • 出身地:光州広域市
  • 身長・体重:177cm・59kg
  • 血液型:A型
  • 特技:インターネット、食べ歩き、文章を書くetc

『Butter』のトリはJ-HOPEです。

登場するのが一番最後なのに加え、MVのラストを締めくくっているのもJ-HOPEです。

髪色もバター色に変えて、『Butter』のイメージキャラクター的な存在になってますね。

J-HOPEには、「みんなの希望」という意味が込められている通りいつもニコニコと明るい存在です。

BTSではRap担当メンバーの一人ですが、元々はボーカル担当だったJ-HOPEさんは、練習生時代はボイストレーニングなどもしていたようです。

選抜途中にRap要員が続々と辞めてしまった時期があり、RMにRapやってみれば?と薦められてはじめたそうです。

BTSメンバーは、練習生の中から選抜で選ばれているので、それぞれに苦労はしてきているのですがJ-HOPEもデビューまでは苦労しました。

ダンスにも真摯にむきあった練習生時代は、大手事務所のJYPのオーディションを受けた事もありましたが惨敗。

BTS選抜でもジミンと共にメンバーから外されそうだったJ-HOPEは自ら区切りをつけ、一度は事務所を去りました。

しかし、彼の人柄やダンスの上手さを高く評価していたメンバーたちはJ-HOPEの退所を心から惜しみます。

RMが事務所に「私たちはチョン・ホソクが必要だ。彼無しではチームになれない!」と直談判しに行き、説得しました。

これにより、BTSは現在の7人グループでデビューする事となり、デビュー以来、誰一人欠ける事なく絶妙なチームバランスを保ちながら韓国のみならず世界を席巻しているのです。

J-HOPEは、明るい反面とてもビビりな性格と言われています。

ジミンと一緒に暮らしていますが、ジミンはストイックに自分を追い込んでいくタイプで一人でいるよりも誰かと居たいタイプです。

J-HOPEもビビりなので、一人では心細いのとジミンを放っておけないという想いもあり共に暮らしているのかな?と思いました。

いずれにしても、BTSメンバーは苦楽を共にし乗り越えてきたので、結束が強くとても仲が良い事で有名です。

最後に

今回は、この夏は、BTSといっしょにButterで溶けちゃうような恋をしようよ!Yeahと題し、BTSの『Butter』(バター)の魅力やBTSメンバーの魅力についてタップリ紹介してきました。

BTSを良く知らなかった人にも、メンバーたちの魅力が伝わっていれば良いと思います。

BTSは来る6月13日と14日にオンラインライブ『BTS 2021 MUSTER SOWOOZOO』を開催予定です。

またdTVでは、2019年に大阪で開催されたファンミ最終公演などたくさんのBTS関連の動画が配信中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる