CNBLUEカムバックにZOOM!日本メジャーデビュー10周年の3ピースバンド

CNBLUEトップ

韓国の3ピースバンドといえば、CNBLUE(シーエヌブルー)です!

2021年に日本メジャーデビュー10周年を迎えたCNBLUEですが、2019年までは、メンバーは4名でした。

諸事情によりギターとボーカルを担当していたメンバーが脱退する事になり、現在はリーダー兼ギター兼メインボーカルのヨンファと、ドラムのミニョク、ベースのジョンシンという3名で活動しています。

2018年にはメンバー全員が兵役に入り、1人だけ少し早く入隊したヨンファが2019年11月に、揃って入隊したミニョクとジョンシンが2020年3月に除隊しました。

除隊後、CNBLUEとして三人揃って再始動となりました。

今回は、完全体でカムバックした韓国のロックバンド『CNBLUE』の魅力についてタップリお届けしたいと思います。

目次

CNBLUEとは?

CNBLUEは今年日本メジャーデビュー10周年を迎えた、韓国のロックバンドです。

なぜ、日本デビューを強調したいかといいますと、CNBLUEは韓国を拠点としているバンドですが、メジャーデビューする以前にインディーズという形でデビューしたのは日本だったからです。

というのも、韓国はバンドというよりもダンスユニットでデビューする事の方が多く、ロックバンドという形態でデビューするアイドルはそんなに多くはありません。

当時、日本に武者修行という形で来日していたCNBLUEは、渋谷や新宿のライブハウスや路上でライブをこなしていました。

2009年8月にミニ・アルバム『Now or Never』でインディーズデビューしています。

この時、ベースはジョンシンではなく別のメンバーでした。

そのメンバーはインディーズデビュー後に脱退し、代わりにジョンシンが加入します。

同じ頃、リーダー兼メインボーカルのヨンファが日本でも大ヒットしたドラマ【美男ですねに出演しています。

日本では、【美男ですね】でシヌ役を演じたヨンファとして有名になったと思います。

もしかすると、韓国のドラマだけにハマっている方は、未だにCNBLUEの存在は知らないという方もいるかもしれません。

 

私にとってCNBLUEは、韓国エンタメ界にどっぷりハマるきっかけでした。

たまたま、流れてきた「LOVE」という曲で興味を持ち、ヨンファの声に魅了されました。

当時はまだCDの時代だったので、最初に買ったCDは『Bluetory』です。

おなじ頃、日本でも【美男ですね】をやっていて、それまで知らなかったポップできゅんきゅんなラブコメの存在の虜になりました。

韓国ドラマといえば、悲恋のドラマしかないと思っていたのでラブコメは衝撃でした。

CNBLUEの曲はヘビロテしていたものの、視覚的にパフォーマンスを見た事がなかったのでヨンファが【美男ですね】のシヌと気づくまではだいぶ時間がかかりましたw

そんな感じでCNBLUEにハマって気づけば10年あまり、メンバー全員が除隊し、揃った姿を見る事ができるのは最高です!



かなり待ちましたが、3年8か月ぶりとなる12thシングル『ZOOM』が発売されました!カップリングの曲も凄く良くて、早くライブに行きたくなります。

そして2021年10月19日には日本メジャーデビュー10周年を迎え、翌日の2021年10月20日18時に韓国9thミニアルバム『WANTED』も主要音楽配信サイトで公開となりました。

配信限定ではないのでCDも発売されますが、CDの発売日は2021年10月29日(金)です。

配信開始と同時に聴きましたが、すごくいいです♡



ギターのジョンヒョンがいなくなって全体的な傾向は大きく変わりましたが、私はベースの音が好きなのでベースがよく聞こえてくる楽曲に大満足です。

基本的にはヨンファが作っている楽曲がメインですが、3曲目の『Hold Me Back』という曲はジョンシンが作っています。

音の移り変わりが特徴的で人によると思いますが、私は好みの曲調なので耳にしっくりと馴染む感じで好きです。

メンバー全員が30代となりこの先もどんどん成熟していく楽しみなバンドだと思います。

CNBLUEのメンバーたち

2009年に結成されたCNBLUEの初期メンバーは、FNCエンターテインメントに所属するヨンファ(メインボーカル&ギター)、ジョンヒョン(ボーカル&ギター)、ミニョク(ドラム)、グァンジン(ベース)という4人組でした。

後に、N.Flyingという別のバンドでデビューしたベースのグァンジンがメジャーデビュー前に脱退し、代わりに入ったのがジョンシン(ベース)でした。

ちなみにヨンファの声でCNBLUEのファンになった私ですが、現在の推しはジョンシンです。

メンバーについては後程プロフィール欄で詳しく紹介しますが、ジョンシンはCNBLUEのマンネで一番の長身。

愛犬シンバを息子のように愛してやまない事も有名ですが、本人も犬のように人なつっこい笑顔がなんともいえません。

実際には人見知りのようですが、ファンミーティングの映像を見ていても常にサービス精神旺盛なムードメーカー的存在です。

兵役中にヨンファと共にボーカルを担当していたジョンヒョンが不祥事発覚により脱退してしまい、残念ながら3ピースバンドになってしまいましたが、3人とも役者としても活動していて除隊後は、それぞれ俳優としても復帰しています。

それでは、メンバーを紹介していきましょう。

ジョン・ヨンファ

-ヨンファ-(リーダー、メインボーカル、ギター)

  • 本名:ジョン・ヨンファ(정용화
  • 生年月日:1989年6月22日
  • 出身地:釜山広域市
  • 身長・体重:179.6cm・63kg
  • 血液型:A型
  • 特技:ヒューマンビートボックスなど

【主なテレビ出演】

  • 2009年 ドラマ【美男ですね】
  • 2010年 リアル恋愛バラエティ【私たち結婚しました】妻役は少女時代のソヒョン
  • 2011年 ドラマ【オレのことスキでしょ。】主演
  • 2013年 ドラマ【未来の選択】
  • 2014年 ドラマ【三銃士】主演
  • 2017年 リアルバラエティ【島銃士】
  • 2021年 ドラマ【テバク不動産

ジョン・ヨンファは、グループの最年長でリーダーを務めています。

他のメンバーが大きいので実際の身長より低く見られる事が多いですがヨンファも限りなく180cmに近い高身長です。

体が鍛えるのが趣味なので、メンバーで腹筋が一番素晴らしいです。

多芸、多彩で作詞・作曲もこなしメインボーカルを務めていますが、同じ事務所の後輩にあたるAOAに楽曲提供を行った事もありました。

CNBLUEとしての活動以外にもソロ活動も行っていて、アルバムもリリースしていますし、日本でソロライブやファンミーティングも開かれています。

2016年「無限挑戦」でグループを越えて、元MBLAQのイ・ジュン、HIGH LIGHTのユン・ドゥジュン、ZE:Aのグァンヒらと共にウェディングシンガーズという企画も話題になりました。

その時のメンバーが再び集結し、ヨンファ除隊後に「Would you marry me?(Feat. イ・ジュン、ユン・ドゥジュン、グァンヒ)」を発表しています。

出身はソウルですが、幼少期に釜山に越してそこで育ったため、釜山出身だと思っていると本人が言っています。

子供の頃から家族でスキーを楽しんでいたため、スキーやスノボーが得意ですが、デビューのきっかけとなったのもスキー場で写された写真だったようです。

当時、FNCエンターテインメントがFTISLANDに続くグループを結成にあたり、新人発掘をしていた事務所の人の目に留まったのがネット上にあったスキー場のイケメン(ヨンファ)でした。

イケメンの連絡先を探り、必死に口説き落としたのがヨンファです。

その後、事務所のオーディションを経て芸能の道を目指す事になります。

メンバー全員、スカウト~オーディションを経てFNCエンターテインメントに所属しています。

カン・ミニョク

-ミニョク-(ドラム)

  • 本名:カン・ミンヒョク(강민혁
  • 生年月日:1991年6月28日
  • 出身地:京畿道高陽市
  • 身長・体重:184cm・64kg
  • 血液型:A型
  • 特技:フルート

【主なテレビ出演】

  • 2010年 ドラマ【大丈夫、パパの娘だから
  • 2011年 ドラマ【オレのことスキでしょ。】
  • 2012年 ドラマ【棚ぼたのあなた
  • 2013年 ドラマ【相続者たち】
  • 2016年 ドラマ【タンタラ〜君を感じてる〜】
  • 2017年 ドラマ【病院船〜ずっと君のそばに〜】
  • 2017年 ドラマ【恋するレモネード
  • 2020年 ドラマ【まだNot 30
  • 2021年 ドラマ【Oh!ご主人様

ミニョクもスカウトがきっかけでオーディションを経てFNCエンターテインメント所属となりました。

元々、オーディションを受けていた友人の付き添いでSMエンターテイメントに行った帰りにスカウトされたそうです。

オーディションでは後にCNBLUEとして一緒に組む事となるヨンファと初対面にして意気投合し、連絡先を交換しオーディションの合否に関係なく会おうと別れたというエピソードもあります。

結果として2人ともオーディションに合格し、ミニョクは以前から興味があったドラムとして練習に練習を重ねて行きました。

マンネではないけど(ジョンシンより数か月生まれが先なだけ)、マンネキャラでメンバー内では一番癖のないメンバーかもしれません。

愛猫のチッチとタッタと暮らしていますが、二匹の猫との生活はたびたびミニョクのInstagramにも登場します。

ヨンファ同様にデビュー当初から俳優業も並行して行っていて演技も上手です。

ミニョクは口数が少ない訳でも冗談を言わないわけでもありませんが、いつでも弾け過ぎずテンションを保っているイメージがあります。

最新ドラマの【Oh!ご主人様】も見ましたが、基本的には報われない相手にも愛をたっぷり与えられる優しいキャラクターな役が多いです。

イ・ジョンシン

-ジョンシン-(ベース)

  • 本名:イ・ジョンシン(이정신
  • 生年月日:1991年9月15日
  • 出身地:京畿道高陽市
  • 身長・体重:188cm・72kg
  • 血液型:A型
  • 特技:ラップ

【主なテレビ出演】

  • 2012~2013年 ドラマ【いとしのソヨン
  • 2013年 ドラマ【剣と花】
  • 2014年 ドラマ【誘惑
  • 2016年 ドラマ【シンデレラと4人の騎士〈ナイト〉】
  • 2017年 ドラマ【猟奇的な彼女】
  • 2018年 ドラマ【ラブ・トライアングル~また君に恋をする
  • 2018年 ドラマ【ボイス2
  • 2021年 ドラマ【サマーガイズ

ジョンシンはCNBLUE結成後、前任のベースが脱退した事により後から加入したメンバーです。

FNCエンターテイメントに所属する事になったきっかけは、弘大(ホンデ)で趣味で写真を撮っているところをスカウトされました。

写真家のお兄さんがいますが、ジョンシンも芸能界に入る前は写真の道に進もうと思っていたみたいです。

今でも写真は趣味で、過去には写真家の兄と共にミャンマーの子供たちのための公益写真展を開き収益金を奨学金として現地に寄付しています。

また、ジョンシンは動物保護施設でボランティア活動を行った事もあります。

何年も生活を共にしているゴールデンレトリバーの심바(シンバ)を息子のように溺愛している事も有名です。

俳優としての活動を行うほか、長身と圧倒的なビジュアルを活かし、モデルとしてグラビアを飾る事も多いです。

人見知りの性格みたいですが、CNBLUEのムードメーカー的存在ですね。

ビジュアル的には、俳優のナム・ジュヒョクさんと似ていると言われていますが、それは本人たちも認識しています。

最近は、曲作りに携わる機会も多く、兵役中だった2019年にはソロ配信シングル『Blue Orion』をリリースしています。

除隊後に出演したジョンシン出演の最新ドラマ【サマーガイズ】はABEMA TVで視聴できます。

また、次回作も決定しました。

2021年9月末クランクインのドラマ『流れ星』(iQIYI 韓国オリジナル作品)にエンターテイメント担当弁護士で出演します。

ドラマの内容は芸能界のスターのマネジメントを行う部隊を中心に描かれる物語のようです。

日本語字幕での配信は先になると思いますが、STUDIODRAGON制作のドラマという事で期待が高まります。

CNBLUEのリリースアルバム

日本版と韓国版と色々あるのですが、日本版として発売されたものをインディーズ時代とメジャー後にわけて紹介していきます。

インディーズ時代

noworneverの画像

1st ミニアルバム:Now or Never

発売日:2009年8月19日

収録曲

  • Now or Never  
  • Let’s Go Crazy  
  • Love Revolution  
  • Just Please  
  • Teardrops in the rain 

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

voiceの画像

2nd ミニアルバム:VOICE ジョンシンはこのアルバムから参加

発売日:2009年11月25日

収録曲

  • voice
  • Wanna Be Like U
  • Never too late
  • Y,Why…
  • One of a kind  

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

1st フルアルバム:Thank U

発売日:2010年3月20日

収録曲

  • Intro
  • Let’s Go Crazy
  • Love Revolution
  • Wanna Be Like U
  • Never too late
  • Now or Never
  • voice
  • Just Please
  • Y,Why…
  • Teardrops in the rain
  • One of a kind
  • 12.a.ri.ga.tou.

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

392の画像

2nd フルアルバム:392

発売日:2011年9月1日

  • The Way part2~Ready N Go~
  • The Way part1~one time~
  • Man in front of the Mirror
  • Try again,Smile again
  • Lie
  • The Way part3~eclipse~
  • Illusion
  • Don’t say good bye
  • I don’t know why
  • Coward
  • kimio 

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

メジャーデビュー後

CODE-NAME-BLUEの画像

1st フルアルバム:CODE NAME BLUE

発売日:2012年8月29日

収録曲

  • Intro 02
  • In My Head
  • Where you are
  • Time is over​
  • Have a good night​
  • Wake up
  • No more
  • These days
  • Blue Sky
  • Mr.KIA (Know It All)
  • with me
  • Get Away
  • Come on

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

Whatturnsyouonの画像

2nd フルアルバム:What turns you on?

発売日:2013年8月28日

収録曲

  •  Lady
  • One More Time
  • CHANGE
  • Blind Love
  • Don’t Care
  • Greedy Man
  • Robot
  • Crying Out
  • I can’t believe
  • Starlit Night
  • Let me know

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

WAVEの画像

3rd フルアルバム:WAVE

発売日:2014年9月17日

収録曲

  • Intro
  • Radio
  • Go your way
  • Truth
  • Foxy
  • lonely night
  • Still
  • Paradise
  • Angel
  • Control
  • How awesome

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

Colorsの画像

4th フルアルバム:Colors

発売日:2015年9月30日

収録曲

  • Intro
  • Supernova
  • WHITE
  • holiday
  • hold my hands
  • IRONY
  • realize
  • Daisy
  • Lucid dream
  • hold me
  • My world

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

EUPHOPIAの画像

5th フルアルバム:Euphoria

発売日:2016年10月19日

収録曲

  • Be OK
  • Glory days
  • Take me higher
  • Face to face
  • Puzzle
  • Royal Rumble
  • Every time
  • Stay with me
  • Slaves
  • Blessed

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

STAYGOLDの画像

6th フルアルバム:STAY GOLD

発売日:2017年10月18日

収録曲

  • Intro
  • Starting Over
  • This is
  • CAPTIVATE
  • Only Beauty
  • Butterfly
  • Mirror
  • SHAKE
  • Seeds
  • Someone Else
  • BOOK

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

Best of CNBLUEの画像

BESTアルバム:Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011 – 2018]

発売日:2018年8月29日

収録曲

  • Don’t Say Good Bye
  • In My Head
  • Lady
  • SHAKE
  • Radio
  • Puzzle
  • Where you are
  • One More Time
  • Still
  • Blind Love
  • Truth
  • Robot
  • WHITE
  • Come on
  • Time is over
  • Go your way
  • Starting Over
  • Supernova
  • Glory days

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

CNBLUE 日本デビュー10周年おめでとう!

今回は、CNBLUEカムバックにZOOM!日本メジャーデビュー10周年の3ピースバンドという事で、韓国のロックバンドCNBLUEを紹介してきました。

残念ながら兵役中にメンバーが減り、3人での再スタートとなってしまいましたが、それぞれにソロ活動をしながらも本業のバンド活動も再始動してくれて感激です。

デビュー当時、韓国ではアイドルグループといえばダンスユニットが主流で、バンド活動をするアイドルは珍しい存在でした。

他の練習生たちがダンスや歌のレッスンを行っている中、彼らは楽器を練習してきたわけです。

そしてFTISLANDやCNBLUEというバンドが成功したおかげで韓国のエンタテイメント業界にバンドという新しいスタイルのアイドルが定着しました。

彼らが築いてきた功績はとても大きいと思います。

メンバー全員が30代となり、今後、どのように変化していくのかがますます楽しみなバンドです。

CNBLUEがデビューした頃、子育てに追われていた私はまだライブやファンミーティングに参加した事がありません。

流石に、韓国に遠征というわけにはいきませんが、来日した際には是非ライブに足を運びたいと思います!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる